2024年 5月 22日 (水)

日本は韓国代表を意識しすぎ? WBCめぐる報道に韓国メディア呆れ「過度で恥ずかしい」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2023年3月8日に台湾で開幕した。韓国スポーツメディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)は、10日の日韓戦に向けて特集記事を公開し、韓国に対する日本メディアの「姿勢」に独自の見解を示した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 09年WBCでマウンドに韓国国旗を立てる韓国選手(写真:ロイター/アフロ)
    09年WBCでマウンドに韓国国旗を立てる韓国選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 画像はイメージ
  • 09年WBCでマウンドに韓国国旗を立てる韓国選手(写真:ロイター/アフロ)

「日本メディアの神経戦が連日続いている」

   韓国は3月6日に京セラドームでオリックスと、7日に阪神と強化試合を行った。オリックス戦は主力を欠く相手に2-4で敗戦。阪神戦は3回に2点を先制されるも中盤から終盤にかけて盛り返し7-4で勝利した。

   同メディアが問題視しているのは、試合後の日本メディアの質問の内容だ。

   オリックス戦後に日本の記者がイ・ガンチョル監督(56)に「今日のオリックスは主力メンバーではない2軍選手がほとんどだったが、敗北したことについてどう思うか?」と質問したが、これを韓国に対する「挑発」と受け取ったようだ。

   阪神戦後には、「韓国には人工芝の球場がないことを知っているが、(東京ドームで)どう対応するのか」「(阪神戦での)大谷翔平のホームランをどう見たか?」「日本戦では大谷を防がなくては勝てない。対策はあるのか?」などの質問が飛んだとし、「日本メディアの神経戦が連日続いている」と伝えた。

   同メディアは、日本メディアの姿勢について「日本メディアの挑発は優越感からか?『恐怖』のためではないか」とし、「国際大会における宿命の韓国戦であるがため彼らが燃えることも理解できるが、連日続く反応は過度で恥ずかしいほどだ」と主張した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中