2024年 5月 24日 (金)

HPに未掲載、ミスドの「激レア」ドーナツ話題 期間限定品をアレンジ...狙いは「食品ロス削減」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「知らなかった」「そんなのあるんだ」――。ドーナツチェーン・ミスタードーナツが、期間限定商品の原材料を使ったドーナツを販売していると、SNSで話題になっている。

   運営するダスキンは2023年3月9日、J-CASTニュースの取材に対し、「ファンシードーナツ」というカテゴリー名で売り出しているとし、食品ロス削減を目的にしていると回答した。

  • ミスタードーナツ(写真:Stanislav Kogiku/アフロ)
    ミスタードーナツ(写真:Stanislav Kogiku/アフロ)
  • 実際に購入した「ファンシードーナツ」
    実際に購入した「ファンシードーナツ」
  • ミスタードーナツ(写真:Stanislav Kogiku/アフロ)
  • 実際に購入した「ファンシードーナツ」

「約10年ほど前から取り組んでおります」

   話題の発端は、3月5日のツイッター投稿。通常メニューにはない「ポン・デ・ピスタチオ」「ポン・デ・マロンホイップ」という商品がショーケースに並べられている写真を紹介した。これがファンシードーナツと呼ばれる。

   投稿は9日までに1万7000以上のリツイートや4万2000以上のいいねを集めるなど話題になり、「知らなかった」「そんなのあるんだ」などと驚く声が寄せられている。

   ダスキンは9日、「期間限定販売の原材料を使用したファンシードーナツは約10年ほど前から取り組んでおります」と取材に回答。このドーナツは、原材料の在庫状況で変わるため、常時販売しているわけではなく、いつまで販売しているかも店舗によって異なるという。

   同社は「ファンシードーナツは販売するショップが1店も無い可能性がある為、ホームページには掲載しておりません」と説明している。

   今回話題になったことに対しては、「この商品の目的をお伝えすることができ感謝しております」とコメントした。

   同社では、閉店後に残ったドーナツを飼料化処理工場へ運び、飼料としてリサイクルする取り組みもしている。2000年から一部エリアで開始し、現在もエリア拡大を進めているという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中