「趣味一筋で生きていく!」→結果、全てを失う例も... Twitter議論から考える「バランスの大切さ」

   人生に彩りを与えてくれる「趣味」。さまざまな趣味を持つ人たちが日々熱いツイートを交わしているTwitterでは、趣味との付き合い方や、日常生活とのバランスについてたびたび議論が交わされます。

   ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)が解説する「3分くらいでわかる週刊Twitterトレンド【J-CAST出張版】」、今回は「趣味と生活のバランス」を掘り下げます。

  • 何事もバランスが大切(画像はイメージ)
    何事もバランスが大切(画像はイメージ)
  • 何事もバランスが大切(画像はイメージ)

「趣味は無理なく楽しく」と分かっていても

   趣味にどれくらい情熱を注ぐかの程度は人によってさまざまですが、どんな趣味にしても多かれ少なかれ「実生活との兼ね合い」を考える必要は出てきます。

   特に生活の中で趣味に大きなウエイトを割いている人は、バランスに葛藤することがあるようです。

   趣味で同人活動をしているTwitterユーザーが投稿した、自身の活動が生活に支障をきたしつつあることを受けての自問自答が注目されました。

   投稿者は「同人は趣味なんだから、無理なく楽しく活動しないと」「趣味は大事だけど生活が侵食されたら本末転倒」ということは理解しつつも、内なる自分から「じゃあ(生活と趣味)どっちが大事かわかるよね?」と問われたら、結局「趣味」と答えてしまう、という話です。

『仕事と趣味、どっちが大切かわかるよね?』『...趣味』趣味人にありがちな聞き分けのない自問自答「生きる気力なくなる」 -Togetter

   このツイートに共感する声が多数あがり、「仕事をしなければ生きては行けないが、趣味が出来ないなら生きる意味がない」「趣味が生きる意味で仕事は余暇」といったコメントも寄せられました。趣味そのものが生きる意味、と言えるほど重きを置いている人もたくさんいるようです。

姉妹サイト