2024年 2月 23日 (金)

大谷翔平に「故意死球」発言物議の韓国投手、WBC登板ゼロで敗退 「色々と残念な大会」韓国報道

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド・プールB第4戦が2023年3月13日、東京ドームで行われ韓国が中国を22-2の5回コールドで下した。試合に先立ち同組のオーストラリアがチェコ共和国に勝利したため、韓国は中国戦を待たずに1次ラウンド敗退が決まっていた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 韓国代表・高投手(写真:ロイター/アフロ)
    韓国代表・高投手(写真:ロイター/アフロ)
  • 画像はイメージ
  • 韓国代表・高投手(写真:ロイター/アフロ)

「あまり痛くないお尻に遅いボールを投げる」

   韓国は中国戦で3人の投手を起用し5回を4安打2失点に抑えた。大会前に大谷翔平投手(エンゼルス、28)への「故意死球」発言が物議を醸した高佑錫(コ・ウソク)投手(24)の登板はなく、高は大会を通じて1度もマウンドに上がることがなかった。

   高は1月に地元メディアのインタビューの中で、大谷と対戦する場合「(大谷は)すごい打者で弱点がないので本当に投げるところがなければ、あまり痛くないお尻に遅いボールを投げる」と、「故意死球」とも取れる発言をして物議を醸した

   大谷への発言がインターネットなどで話題に上がる中、高は3月6日に京セラドームで行われたオリックスとの強化試合に登板。7回途中からマウンドに上がり、回をまたいだ8回に首周りの筋肉の痛みを訴え緊急降板した。地元メディアによると、筋肉痛の診断を受けたというが今大会で登板の機会はなかった。

   国内リーグのLGツインズに所属する高は、昨シーズン61試合に登場し防御率1.48、4勝2敗42セーブでキャリアハイを達成し、今大会は守護神候補として注目されていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中