2024年 4月 25日 (木)

高市氏は「自爆している」 国民・玉木代表、放送法文書論戦に疑問「何の議論になってんのかな?」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   放送法が規定する「政治的公平」の解釈をめぐるやり取りが記されている総務省の行政文書をめぐる問題で、国民民主党の玉木雄一郎代表は2023年3月14日午前の記者会見で、「何が争点なのかだんだんずれていっている」と指摘した。

   現時点でクローズアップされているのは、当時総務相だった高市早苗経済安全保障担当相に対する15年2月13日の大臣レク(説明)の有無。高市氏が、自らの進退に言及しながらレクの存在を否定したことで、「自爆しているというか被弾している」。玉木氏としては、レクは存在していたとの見方を示した上で、「早くけりつけてもらいたい」と話した。

  • 記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党の配信動画から)
    記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党の配信動画から)
  • 記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党の配信動画から)

「中身はともかく、レクがあったかなかったかということに争点が移っている」

   玉木氏の見立てにとると、「事の本質」は、

「政治的圧力で放送法の解釈が歪められて、民放などの自由な放送ができなくなる、あるいは(放送内容が)ゆがめられるということがあったのかなかったのか、ということがポイント」

だが、「その中身はともかく、レクがあったかなかったかということに争点が移っている」とみる。

   この点をめぐっては、3月8日の参院予算委で、文書を公表した立憲民主党の小西洋之参院議員が

「高市大臣が早くこの『捏造』という発言が虚偽であることを認めて、この委員会での発言のとおり大臣を辞職し議員を辞職することを求める」

と改めて迫ったのに対して、高市氏は

「これが事実であれば、それは、私は責任を取りますよ。でも、これ事実じゃないですから」

と述べていた。

   玉木氏は、

「何の議論してるのかな?という気がしますし、ちょっと申し訳ないんですけど、勝手に高市大臣が自爆しているというか被弾しているというか、なんか元々そこじゃなかったんじゃないかなと...」

などと述べた上で、文書に書かれたレクの内容では高市氏は「かなり比較的慎重なやりとり」をしているとして「内容自体が正しくても何の問題もないと思う」とみる。さらに次のように話し、高市氏の答弁が事態の混乱を招いたとの見方を示した。

「ただ、そもそもレクの有無に自ら争点を移したことによって、何かレクがあったらやめるとか、なかったら大丈夫、みたいになってしまっているのが、何の議論になってんのかな?というのが...。私は、何か勝者も敗者もないような、そういう何か若干...、もっと他の大事な議論をした方がいいんじゃないかなという気がする」

   玉木氏は「勝手に事を難しくしているような気がする」とも話した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中