2024年 3月 2日 (土)

WBC元コーチ、イタリアは「死に物狂いで来る」 大谷&ダルビッシュの調整には「若干の不安」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   侍ジャパンがワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド・プールBを全勝で1位通過した。初戦の中国を8-1で破り、続く韓国、チェコ共和国を大差で退けた。最終戦のオーストラリアには7-1で快勝。2023年3月16日に行われる準々決勝では、プールAを2位で通過したイタリアと対戦する。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「攻撃の流れを作ったのはヌートバー」

   3大会ぶりの優勝に向け危なげなく1次ラウンドを突破した侍ジャパン。準々決勝はプールAで強豪キューバとオランダを破ったイタリアが相手となる。J-CASTニュース編集部は、13年WBCで戦略コーチを務めた橋上秀樹氏(57)に1次ラウンドの日本を分析してもらい、準々決勝の展望を占ってもらった。

   4試合を行った1次ラウンドでは、大谷翔平投手(エンゼルス、28)、ダルビッシュ有投手(パドレス、36)、佐々木朗希投手(ロッテ、21)、山本由伸投手(オリックス、24)がそれぞれ先発のマウンドに上がった。

   橋上氏は「先発陣では第3戦で投げた佐々木投手も良かったが、最終戦の山本投手が一番良かったです。山本投手と佐々木投手は滑ると言われるボールに合ってきて制球力がかなり安定している。これに対して大谷投手とダルビッシュ投手はストレートの制球があまり良くなくスライダーに頼らざるを得ないピッチングでした。大会前の実戦登板が少なかったので調整不足だと感じました」と振り返った。

   そして「準々決勝では大谷投手が先発でダルビッシュ投手が第2先発として登板するでしょう。1次ラウンドの2人の調整具合を考えると若干の不安があります」と分析した。

   打撃に関しては、1次ラウンド4試合全て「1番・センター」で先発出場したラーズ・ヌートバー外野手(カージナルス、25)の存在が大きかったと指摘した。

「今大会の攻撃の流れを作ったのは、初戦の中国戦でのヌートバー選手のヒットだと思います。初回、先頭打者のヌートバー選手は初球をセンター前に運びました。日本人選手だと慎重にいく選手が多く初球からいく選手が少ない。あれで勢いが出た感じがします。日本の野球とは違うメジャースタイルですね」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中