2024年 2月 25日 (日)

マツケンサンバのイントロは「恵比寿・田町・多摩・五反田」で歌える! 作曲者解説が反響「覚えやすい」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2023年3月13日放送のバラエティ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で紹介された、「マツケンサンバII」の歌い方がSNSで話題になっている。同曲のイントロは、速いテンポで音程が上下するため、歌いづらい。しかし駅名を当てはめるとリズムが取りやすくなるという。

   番組に出演した作曲家の宮川彬良さんはツイッターで、さらに詳しい解説を加えている。

  • マツケンサンバⅡのジャケット
    マツケンサンバⅡのジャケット
  • マツケンサンバⅡのジャケット

「恵比寿 田町 多摩 五反田...」

   番組では、視聴者からの「マツケンサンバIIのイントロが何回やっても正しく歌えません」という悩みを取り上げた。「ものすごい速いテンポで音符が上下」するため、リズムと音程をとることが難しいという。

   番組の取材に対し、作曲した宮川さんは「確かに歌うのは無理っぽい」と答えながらも、歌詞をつけるといいと指南した。宮川さんはイントロに併せ、「恵比寿 田町 多摩 五反田」と繰り返し歌い、最後に「三鷹」と得意げに締めくくった。

   この解説がツイッターで「耳から離れない」「覚えやすい」「文字列だけでどの部分が一瞬でわかる」などと話題になった。

   こうした反響を受けて、宮川さんは自身のツイッターでさらに解説を加えた。なぜこれらの駅名を採用したのか次のように説明する。

   恵比寿や田町はどちらも下がるイントネーションであるため、イントロの最初のフレーズにぴったり当てはまる。同じように3文字で下がる目黒に差し替えても問題ないという。五反田は、8分音符、4分音符、8分音符とリズミカルな強弱を表現できる。最後に、語尾にかけて上がっていくイントネーションの「三鷹」を当てはめることで、自然にマツケンサンバらしいリズムを口ずさむことができる。

「多摩は特に意図はありません。二音余ったのでとりあえず当てはめました」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中