2024年 6月 17日 (月)

インドの祭りで日本人女性がハラスメント被害 集団で囲まれ「痛い、痛い痛い」...動画拡散で男逮捕

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   カラフルな粉をかけあうインドの祭り「ホーリー」で、日本人女性が集団ハラスメント被害にあった。現地メディアによれば、逮捕者が出るなど大きな問題になっている。

   一体何があったのか。日本大使館に聞いた。

  • 写真:ロイター/アフロ
    写真:ロイター/アフロ
  • 写真:ロイター/アフロ

頭を抱えて「痛い、痛い痛い」

   ホーリーはヒンドゥー教の春の祭りで、インドでは今年(2023年)、3月8日に行われた。色鮮やかな粉を顔に塗ったり、周囲に振りまいたりし、祭りの間は街がカラフルに染まる。

   日本でも人気のようで、ツアーが複数組まれている。旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)も「世界一カラフルでクレイジーなお祭り&4都市周遊でインドを満喫 本場インドの『ホーリー』を楽しむ8日間」と題して過去に募集した。

   ホーリー後、SNSでは女性が祭りでハラスメント被害にあう動画が拡散した。若い男の集団に囲まれた女性が、顔や髪に粉を激しく塗り込まれたり、スプレーを噴射されたりする。頭を抱えて「痛い、痛い痛い」と抵抗するも止まらず、生卵のようなものを殻ごとぶつけられる様子も映っていた。ようやく解放されるも集団の一人が再び絡み、女性は平手打ちをして路地に逃げ込む場面で動画は終わった。

   この模様は多くの現地メディアで取り上げられ、物議を醸した。日刊紙「The Times of India」によれば、女性は日本人だった。

   通信社「ANI」は11日、関与していた3人の身柄を拘束したとする警察発表を報じた。民放放送局「NDTV」は、女性は10日にバングラデシュに出国したと伝えた。旅行者だったとみられる。

   日本でも中央日報日本版が「インド人男性ら、日本人女性観光客に集団でハラスメント...『衝撃映像恥ずかしい』」と取り上げ、波紋を広げている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中