2024年 5月 30日 (木)

スマホ片手の「ながら食い」、人気ラーメン店が苦渋の禁止 配慮求めても逆ギレ...残して帰る客も

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京都内の人気ラーメン店が、YouTubeの動画などを見ながら食事する「ながら」利用の禁止に踏み切った。

   麺が伸びて味が落ちる上、他の客へ迷惑になりうるためだ。「ご遠慮を申し出てもキレられる」トラブルもあり、悩みの種だった。

  • 「でぶちゃん」の看板メニュー/「でぶちゃん」ウェブサイトより
    「でぶちゃん」の看板メニュー/「でぶちゃん」ウェブサイトより
  • 店主の甲斐康太さん/「でぶちゃん」インスタグラムより
    店主の甲斐康太さん/「でぶちゃん」インスタグラムより
  • 「でぶちゃん」の看板メニュー/「でぶちゃん」ウェブサイトより
  • 店主の甲斐康太さん/「でぶちゃん」インスタグラムより

コショウなどの薬味にiPhone立てかけて...

   ラーメン激戦区の東京・高田馬場にある「博多ラーメンでぶちゃん」。1日200人ほどが訪れる人気店で、食べログで評価の高い「TOP5000」にも選ばれている。

   店主の甲斐康太さんは2023年3月16日、「そろそろYouTubeなどの動画見ながらラーメンを食べる『ながら食い』禁止にしようかな。※のびて劣化するラーメンに限る」とツイートした。スマートフォンを片手に食事する風景は珍しくないが、思い切って禁止を検討するという。

   写真撮影は問題ないとし、「高菜やコショウなどの薬味にiPhone立てかけてYouTubeに集中してラーメンそっちのけ。そして満席で待ちのお客さんがいる。完全にNGだし、ご遠慮を申し出てもキレられる意味はわからん」と苦悩を打ち明けた。

   甲斐さんは17日、J-CASTニュースの取材に、ツイート後に禁止に踏み切ったと答える。

   「ながら食い」の割合は1、2割で、「20年以上前からの新聞、漫画に始まり、10年くらい前からスマホの普及と同時に一気に目立つようになりました」と背景を説明する。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中