2024年 4月 18日 (木)

大谷翔平「予想外バント」は二刀流の賜物か 「投手の心理が分かる」強みに...元WBCコーチ分析

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準々決勝が2023年3月16日、東京ドームで行われ、日本がイタリアを9-3で下した。

   日本は3回に岡本和真内野手(巨人、26)の3ランなどで4点を先制。5回に3点、7回に2点を追加してイタリアを突き放した。投げては先発・大谷翔平(エンゼルス、28)が4回3分の2を投げ4安打2失点5奪三振と試合を作り、後続も好投して快勝した。

  • 大谷翔平投手(写真:CTK Photo/アフロ)
    大谷翔平投手(写真:CTK Photo/アフロ)
  • 大谷翔平投手(写真:CTK Photo/アフロ)

「あそこでセーフティバントをするとは思わなかったでしょう」

   3大会ぶりの優勝へ向けて準決勝進出を果たした侍ジャパン。J-CASTニュース編集部は、13年WBCで戦略コーチを務めた橋上秀樹氏(57)にイタリア戦を分析してもらい、21日に控える準決勝の展望を聞いた。

   橋上氏が注目したのは日本の3回の攻撃だ。1死走者なしから近藤健介外野手(ソフトバンク、29)が四球を選び打席に大谷が立った。大谷は三塁方向へセーフティバントを試み、これを処理したラソーラ投手(24)が1塁へ悪送球。1死1、3塁とチャンスが広がり、4番・吉田正尚外野手(レッドソックス、29)のショートゴロの間にランナーが生還し1点を先制した。

   橋上氏は「結果的には大谷選手のバントが大きなポイントになった。大谷選手は大谷シフトを逆手に取った。彼のクレバーさ、柔軟性、視野の広さが出たと思います」と解説し、次のように続けた。

「大谷選手は二刀流として活躍しているのでピッチャーの心理が分かる。ピッチャーの心理としては、あそこでバントをやられたら嫌だなということがバッター大谷には分かる。だからあそこでバントができたと思います。間違いなくサインではないでしょう。グラウンドにいる誰もがあそこでセーフティバントをするとは思わなかったでしょう」

   大谷のバントを契機に先制した日本は、3回2死1、2塁の場面で岡本が3ランを放ち突き放しにかかった。5回には村上宗隆内野手(ヤクルト、23)と岡本の連続タイムリーが飛び出し3点を追加。7回には吉田のソロ本塁打などで2点を入れ試合を決めた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中