2024年 5月 22日 (水)

村上宗隆「4番復帰」はありえるか イタリア戦でついに復調...決勝ラウンドの「最適打順」は

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   侍ジャパンが9-3と快勝したWBC準々決勝のイタリア戦。負けられない試合で、打順の組み替えが功を奏した。

  • 村上宗隆(写真:ロイター/アフロ)
    村上宗隆(写真:ロイター/アフロ)
  • 村上宗隆(写真:ロイター/アフロ)

イタリア戦は4・5・6番が大暴れ

   1次ラウンドでは村上宗隆(ヤクルト)が全4試合で4番に座ったが、14打数2安打で打率.143と打撃不振に苦しんでいた。甘い球を見逃し、難しい球に手を出す。打席の中で迷いが生じていたことを、栗山英樹監督が感じ取ったのだろう。

   イタリア戦は「5番・三塁」でスタメン出場。「4番・左翼」で吉田正尚(レッドソックス)が入った。この打順が機能する。村上は5回に今大会自身初の長打となる中越え適時二塁打。無死一、二塁からビニー・ニットリーの初球に投じた148キロ直球をきっちりはじき返した。7回にも左翼のグラブをはじく二塁打。お祭り騒ぎの一塁ベンチに向け、塁上で「ペッパーミルパフォーマンス」をする表情は、自信を取り戻していた。

   4番に入った吉田も卓越したミート能力とパワーを発揮する。3回1死一、三塁から同点に追いつく遊ゴロで最低限の働きをすると、7回にジョーイ・マルシアーノのスライダーを完璧に捉え、右翼席中段に運ぶ今大会初アーチ。6番の岡本和真(巨人)も3回に左中間3ランを放つなど5打点の活躍と、中軸の3人で計8打点を叩き出した。

「この打順を続けた方が得点が入る可能性が高い」

   スポーツ紙記者は「村上は大谷と打順を切り離した方がいいと思います。4番に入ると、3番で打つ大谷の打撃を見てどうしても力が入ってしまう。一方、吉田はマイペースな性格なので、どの打順でも自分のパフォーマンスが変わることがない。村上は5番でもチャンスで回ってきますし、4番から外されることは決して不名誉ではない。決勝ラウンドもこの打順を続けた方が得点が入る可能性が高い」と指摘する。

   昨年は22歳と史上最年少で三冠王を獲得し、56本塁打で日本記録を樹立。実力は誰もが認めるだけに、イタリア戦の打撃で復調のきっかけをつかめるか。村神様が野球の本場・米国で開催される決勝ラウンドで輝く姿を見たい。(中町顕吾)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中