2024年 4月 20日 (土)

ジャニー氏性加害疑惑、テレビはなぜ沈黙するのか 英BBC記者が指摘した「依存関係」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ジャニーズ事務所創業者として知られるジャニー喜多川氏=2019年に87歳で死去=による、少年らに対する性加害疑惑について報じたドキュメンタリーが英BBCで放送され、制作した記者らが2023年3月17日に日本外国特派員協会でオンライン会見を開いた。

   この問題は1999年に週刊文春が報じたが、「後追い」は皆無に近い状況。20年以上にわたる「沈黙」も番組のテーマのひとつだ。取材でも「沈黙の壁」に直面したといい、記者会見ではその背景についても話題になった。

  • ジャニーズ事務所は日本のメディアに大きな影響力を持っている
    ジャニーズ事務所は日本のメディアに大きな影響力を持っている
  • モビーン・アザー記者。オンライン会見にZoomで出席した
    モビーン・アザー記者。オンライン会見にZoomで出席した
  • ジャニーズ事務所は日本のメディアに大きな影響力を持っている
  • モビーン・アザー記者。オンライン会見にZoomで出席した

一貫しているテーマは「搾取」と「沈黙」

   番組は「J-POPの捕食者 秘められたスキャンダル」(Predator: The Secret Scandal of J-Pop)。英国では3月7日(日本時間)、日本を含む全世界向けには18、19日(同)に放送された。ジャニーズに所属していた男性や、事案について報じた週刊文春記者の証言などが盛り込まれている。

   会見には記者のモビーン・アザー氏とプロデューサーのメグミ・インマン氏が出席。アザー氏の記者としてのキャリアは約20年で、その間、麻薬の密売や性的搾取など多くのテーマについて取材してきた。一貫しているテーマは「搾取」と「沈黙」だ。ジャニー氏をめぐる事案は19年に知り、この2つに当てはまるため関心を持ったという。ただ、組織やジャーナリスト、音楽業界の人々が、オフレコであっても自分の経験を共有したがらないという点で、「沈黙の壁」は予想以上に高かったと説明した。ただ、放送が実現したことで

「最終的にやりたかったのは、議論に火をつけることだ。それが始まっており、作品には満足している」

とも話した。

   「日本で育ち、日本で仕事をすることが多い」というインマン氏は、「この問題について話してもらうのは難しいだろうと思っていた」が、その難しさは予想以上だったと説明。「もうひとつ驚いたこと」として、

「これ(喜多川氏の事案)が、いまだに神話や都市伝説として理解されており、有名人のゴシップのようなものだと受け取られ、児童虐待として真剣に扱われていなかったこと」

を挙げた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中