2024年 5月 30日 (木)

大谷翔平がトラウトに向けて... WBC入場時の仕草にSNS興奮「めちゃくちゃ絵になる」「たまらん」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2023年3月22日のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝・日本対アメリカ戦で、日本の旗手を務めた大谷翔平選手が入場時に見せた仕草が注目を集めている。

   米大リーグ・エンゼルスの同僚で、アメリカの旗手を務めたマイク・トラウト選手の方を向いて挨拶をするように帽子に手を添えた。

  • 大谷翔平を先頭に入場する日本代表(写真:AP/アフロ)
    大谷翔平を先頭に入場する日本代表(写真:AP/アフロ)
  • 大谷翔平を先頭に入場する日本代表(写真:AP/アフロ)

「なんと絵になる光景でしょう」

   「負けたら最後」の試合を勝ち抜いてきた侍ジャパンが22日、ついに決戦の時を迎えた。試合に先駆けて行われたセレモニーで、侍ジャパンの旗手を務めたのは大谷翔平選手だった。

   グラウンドへの入場時、大きな日本国旗を右手で持った大谷選手は、相手チームの方に視線をやり、顔を綻ばせると左手を帽子に添え挨拶するような仕草を見せた。その直後、中継カメラには、日本代表の方を向くトラウト選手の姿が映った。

   ネット上では、大谷選手が見せた仕草はトラウト選手への挨拶だったのではないかとして、次のような反応が相次いだ。

「日本とアメリカ入場! 旗手は大谷選手とトラウト選手の同僚 目が合い挨拶する大谷選手かっこよ」
「大谷とトラウト軽く目が合うというだけでアツすぎる」
「トラウトと目が合う大谷 既に目が潤んでくる笑」
「入場セレモニーかっこええ...大谷さんのトラウトへの挨拶たまらん」
「演出だけでもうカッコいい。星条旗背負うトラウトと日の丸背負う大谷が目を合わせる。めちゃくちゃ絵になるし、最高のライバル関係感」
「大谷翔平とトラウト が国旗持って入場するのカッケェ。一気に目が覚めた」

   Amazon Primeの中継では、実況アナウンサーはこの光景をこう伝えていた。

「ここで嬉しそうに今、帽子のひさしに手をやってにっこりと笑みを返した大谷翔平を見ていると、なんと絵になる光景でしょうかね」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中