2024年 2月 25日 (日)

村上&岡本アベック弾→歓喜のがっしりハグ WBC決勝の一幕にSNS感動「こんなん泣いてまう」

   野球日本代表「侍ジャパン」の岡本和真内野手が2023年3月22日、アメリカとのワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦で4回裏にソロホームランを放った。

   ベンチ前でナインとのハイタッチを終えた後、村上宗隆内野手とがっしりとハグした姿が反響を呼んでいる。

  • ホームランを放った岡本和真(写真:AP/アフロ)
    ホームランを放った岡本和真(写真:AP/アフロ)
  • ホームランを放った岡本和真(写真:AP/アフロ)

「これが今日で終わりなんて苦しいよ」

   4回裏、ホームランを放った岡本選手はベンチ前で待ち受けるナインたちと次々にハイタッチ。

   ベンチに入ると2回裏に同点弾となるソロホームランを放った村上選手が大きく手を広げて岡本選手を迎え、2人はがっしりとハグをした。このホームランで日本はリードを2点に広げた。

   村上選手はヤクルト、岡本選手は巨人。同じセリーグでそれぞれ4番を張り合う2人の「胸熱」ハグに野球ファンが反応し、SNS上でスクリーンショットが瞬く間に拡散された。

   「3点目!岡本さんホームラン!がしいっ!と同じくホームラン村上さんとハグ」「こんなん泣いてしまう」「最高のライバルであり仲間だなほんとに」「常に比べられる二人がね」「これが今日で終わりなんて苦しいよ」などの声が相次いでいる。

   試合は3-2で日本が勝ち、14年ぶりの世界一を決めた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中