2024年 4月 23日 (火)

大谷vsトラウト期待で「ランナー2人出ないと」→被弾で1点差に WBCアマプラ解説に「フラグ立てるから...」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2023年3月22日に行われた WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)決勝、日本対アメリカ戦をAmazon Prime Videoが中継した。

   8回表、日本が3-1とリードした場面でのアメリカの攻撃。マウンドにはダルビッシュ有投手が上がったが、その際の実況席での会話が思わぬ注目を集めた。

  • 大谷翔平(写真:AP/アフロ)
    大谷翔平(写真:AP/アフロ)
  • 大谷翔平(写真:AP/アフロ)

「何も起きないのが一番いいことには決まっています」

   8回表で登板したダルビッシュ投手が、1アウトを取った後、5番のカイル・シュワバー選手と対峙していた場面。解説の里崎智也氏が、「このままスンって行ったら、大谷、トラウトまで回らないですよね」と発言した。

   大谷翔平選手とマイク・トラウト選手は米大リーグエンゼルスの同僚で、どちらもリーグを代表するスター選手。里崎氏の発言は、9回に登板が見込まれていた大谷選手とトラウト選手の対戦を期待するものだった。

   さらに里崎氏は「2人出ないと回らないですよね」とコメント。トラウト選手は2番バッターで、試合終了までにアメリカが最低でも2人のランナーを出さないと、大谷選手との同僚対決は実現しないことを指摘した。

   これを受けて斉藤アナは、「何も起きないのが一番いいことには決まっています」と言いつつ、「ただ、大谷対トラウトを見てみたいというファンの方もいらっしゃるでしょう。エンゼルスの同僚対決」と話していた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中