2024年 5月 31日 (金)

侍ジャパン優勝会見、TBS質問に批判続出 同じ選手に3問連続で...「時間使いすぎ」「内容も薄い」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で14年ぶりの世界一に輝いた侍ジャパンの優勝報告会見での、TBS記者の質問がインターネット上で不評を集めている。

   1人で3つの質問を、しかも同じ5人の選手にしたことについて、「一人で同じ選手に何個質問してるの?」「時間がもったいない」との批判が相次いだのだ。

  • 侍ジャパンは決勝後すぐに帰国し、会見に応じた(写真:AP/アフロ)
    侍ジャパンは決勝後すぐに帰国し、会見に応じた(写真:AP/アフロ)
  • 侍ジャパンは決勝後すぐに帰国し、会見に応じた(写真:AP/アフロ)

「もっとみんなの声が聞きたかった」

   会見では栗山英樹監督、コーチ、選手ひとりひとりが大会への思いなどコメントした後で、集まった報道陣からの質疑応答の時間となった。最初に質問者として指名されたのが、TBSの男性アナウンサーだった。

   最初に栗山監督に質問したが、その内容は「どんな思いで(選手を)信じ続けたのか教えてください」というもの。次の質問は「満足いく結果になりましたか?」となっていた。

   とくに視聴者の反感を買ったのが、その後の質問だった。

   TBSアナは、岡本和真選手、村上宗隆選手、源田壮亮選手、佐々木朗希投手、山本由伸選手の5人を指名。それぞれに向けて、「今大会で一番印象に残っているシーンとその時どんなことを思ったのか」「満足いく結果だったのか、自分にとってどんな大会だったか」「3年後にかける思い、3年後に託す思い」を質問した。

   3つの質問を5人の選手だけに尋ねたTBSアナの質問は約8分間にも及び、会見での質疑応答の時間の半分以上を占めていた。残った時間で質問ができたのは、日経新聞やNHKなどの記者3人だけだった。

   そうした点から、ツイッターでは会見中から不満の声が相次いだ。

「質問多すぎ時間使い過ぎ」
「台無し。あなた一人で同じ選手に何個質問してるの?もっとみんなの声が聞きたかった」
「5人だけ選んで質問3周...同じ長い時間使うなら1つの質問を全員にしろよと思うのは私だけかしら」
「時間がもったいない。しかも聞いた内容も薄い」

そのほか、会見の中継を告知したTBSの野球中継公式ツイッターに、同様の不満を直接ぶつけるユーザーも出ていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中