2024年 5月 26日 (日)

大谷翔平とハイタッチ試みるも...まさかの悲劇 WBC優勝直後の一幕に「可哀想だけど笑った」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   野球日本代表「侍ジャパン」が2023年3月22日、ワールドベース・ベースボール・クラシック(WBC)決勝でアメリカを3-2で下して優勝を果たした。

   SNS上では、試合後に大谷翔平選手とハイタッチを交わそうとした大勢投手が、結果的に「スルー」されてしまったと話題になった。

  • 歓喜のウラで実は…(写真:UPI/アフロ)
    歓喜のウラで実は…(写真:UPI/アフロ)
  • 歓喜のウラで実は…(写真:UPI/アフロ)

「これホント好きで何回も見てしまう」

   試合では、大谷選手が9回表にマウンドに上がり、エンゼルスの同僚マイク・トラウト選手を空振り三振に仕留め、日本の優勝を決めた。祝福の声があふれる中、ツイッターでは、試合後のフィールドでの大勢投手の仕草が話題になった。

   話題となったフィールド視点の映像では、大谷選手が山本由伸投手、宮城大弥投手と抱擁していた。直後に、大勢投手が1次ラウンドで離脱した栗林良吏投手のユニフォームを手に持ち、大谷選手にハイタッチを求めるように近づいたが、本人はそれに気付かない。

   大勢投手も気づかれていないことを瞬時に悟ったのか、笑顔で拳を突き出す素振りを見せ、何か一声かけてその場を後にした。その後、大谷選手は栗山英樹監督、吉田正尚選手らと抱き合った。

   ツイッター上では、この一部始終ついて、

「これホント好きで何回も見てしまう」
「行き場をなくした右手を即座に拳に変える大勢選手愛おしすぎでしょ」
「察した顔してから拳出すの早すぎるw」
「勝手に納得して帰るな笑」
「大勢さんかわいい」
「すごい可哀想だけど笑っちゃった」

などと面白がる声が上がっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中