2024年 4月 25日 (木)

リプトン「ミルクティー」なぜ元の味に? 1年での再変更、異例アニメで告知...森永乳業に聞いた舞台裏

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   惜しまれながらも終売した「リプトン紙パック」シリーズの定番商品「リプトン ミルクティー」の復活を知らせるアニメーションが大きな注目を集めている。

   キャラクターのセリフや背景に描かれた小物などには、終売を惜しむ客から寄せられた「ご意見」が反映された。中には「どうして変わったんや」「失望」などの厳しい声もある。

   こうした声を製造・販売元の森永乳業はどのように受け止めていたのか。J-CASTニュースは2023年3月27日、同社に取材した。

  • 2022年3月まで販売していた「リプトン ミルクティー」が復活
    2022年3月まで販売していた「リプトン ミルクティー」が復活
  • 2022年3月まで販売していた「リプトン ミルクティー」が復活

「すべての皆さまのご期待に添えていないことを申し訳なく感じておりました」

   森永乳業は昨年3月、リプトンシリーズの「ミルクティー」を終売し、新たにリニューアル商品「ロイヤルミルクティー」を発売した。

   それから約1年。同社はリプトンのミルクティーを復活させるとして23年3月20日、「667通のラブレター」と題した短編アニメーションを公開した。あらすじは次のようなものだ。

   主人公のトーマと唯は甘くも苦い青春時代を共にしてきた。しかし謎の転校生のルミが現れ、その生活が一変する。お互いの世界から相手が消えてしまったのだ。二人はそれぞれの痕跡をたどりながら手紙を送り続ける。「君を愛してる」「心から大好きでした」などと気持ちが高まった二人は走り出す。

「どうかお願いします、戻ってきて」

   強く願い続けた二人は、薄紫に色づく夜明けの平原で再会を果たす。手を伸ばした先にはリプトンのミルクティーがあった。そしてネタばらしが始まる。

   このアニメーションは、ミルクティーのファンからの問い合わせ内容をもとに製作された。転校生のルミは、リニューアル商品「ロイヤルミルクティー」が元ネタとなっている。つまり、ロイヤルミルクティーの登場とともに姿を消したミルクティーを惜しむ物語だ。

   トーマと唯の情熱的な叫びはすべて、ファンから寄せられた赤裸々な声だ。キャラクターが着用している服に描かれた英字ロゴや、背景の交通標識、店の看板など細かなところにも「復活希望」「ご飯よりもミルクティー」などのコメントが採用された。中には「リニューアルはいらない」「購入をやめてしまいました」など叱責するような声もある。

   厳しい声を含む問い合わせの数々を、どのように受け止めていたのか。森永乳業は取材に対し、次のように述べる。

「『リプトン ロイヤルミルクティー』の発売後、『新しい商品もおいしい』といった嬉しいお声を頂く一方で、従来の『リプトン ミルクティー』の復活を望むお声があることも認識しており、すべての皆さまのご期待に添えていないことを申し訳なく感じておりました」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中