2024年 5月 31日 (金)

東京芸大施設が臨時休業、新入生めぐる不適切投稿で 当該スタッフは契約解除も...再発防止へ研修実施

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京芸術大に進学する人気アイドルグループのメンバーに対し、大学関係者が「職権をついに濫用する時が来ました」とSNSに投稿し、波紋を広げている。

   この人物がキュレーターを務める施設は臨時休業が決まり、大学は契約解除を発表した。

  • 写真:アフロ
    写真:アフロ
  • 実際のツイート(現在は削除、ツイッターより)
    実際のツイート(現在は削除、ツイッターより)
  • 写真:アフロ
  • 実際のツイート(現在は削除、ツイッターより)

「非常に不適切な投稿」「あってはならない」

   東京芸大の関係者とみられる人物が26日、乃木坂46の池田瑛紗(てれさ)さんが今春に東京芸大への入学を伝えるネット記事を引用し、「職権をついに濫用する時が来ました」とツイートした。

   大学構内にあるギャラリー「藝大アートプラザ」の3月1日の記事では、この人物は「先ごろ」同施設のキュレーターに就任したと紹介されている。

   自らの立場を悪用したハラスメントを予告するような内容で、SNSでは抗議が相次いだ。投稿はその日のうちに閲覧できなくなり、「先ほどのツイートで誤解を招きそうな表現がありましたので削除しました」と報告している。書き込みの意図は明らかにしていない。

   問題視した藝大アートプラザは28日、「非常に不適切な投稿」だったと謝罪した。ツイートは「その職分を利用して特定の学生に接触することを想起させる内容であり、投稿の対象となった方だけではなく、投稿にふれた方々に不快感と恐怖感を感じさせてしまうものでした」と問題点を挙げ、

「藝大アートプラザは藝大生や藝大卒業生の方々の作品を展示販売することによって、学生や卒業生が社会とのつながりを学び、実践をしていく重要な施設です。また、芸術活動は本来的に自由な存在であり、何者かの手によって制限を加えられるようなことは絶対に避けなくてはなりません。そのような芸術活動を支援する施設の一員が、大学に在籍する方々、卒業生の方々、また、これから新たに学びの場として籍を置こうとする方々に不安を感じさせるような発言や投稿をすることは、あってはならないものだと考えております」

と糾弾した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中