2024年 6月 18日 (火)

亀田和毅の世界戦は実現するのか? 番狂わせで混沌のSバンタム級戦線、所属ジム会長が語る展望

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングのWBA・IBF世界スーパーバンタム級王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン、28)が2023年4月9日、米テキサス州でIBF同級1位マーロン・タパレス(フィリピン、31)と対戦し1-2の判定負けを喫した。アフマダリエフはプロ12戦目で初黒星となった。

  • 亀田和毅選手(写真:山口裕朗/アフロ)
    亀田和毅選手(写真:山口裕朗/アフロ)
  • 亀田和毅選手(写真:山口裕朗/アフロ)

「想像以上にアフマダリエフ選手のデキが悪かった」

   サウスポー同士の一戦は、序盤からタパレスが積極的にパンチを放ちアフマダリエフが迎え撃つ展開。中盤から終盤にかけてアフマダリエフが攻勢に出てペースを握った。一進一退の攻防が続き勝負は判定に。2人のジャッジが2ポイント差でタパレスを支持し、残り1人が8ポイント差でアフマダリエフを支持した。

   無敗王者が「伏兵」に敗れ王座陥落。WBA王座の次期挑戦者の権利を有する同級1位・亀田和毅(TMK、31)のターゲットはタパレスとなった。果たしてすんなり世界戦が実現するのか。J-CASTニュース編集部は、亀田が所属するTMKジムの金平桂一郎会長(57)に話を聞いた。

   タイトル戦を映像で見たという金平氏は「想像以上にアフマダリエフ選手のデキが悪かった。意外でした。アフマダリエフ選手がKOもしくは判定で勝つと思っていましたから。12ラウンドが終了した時、アフマダリエフ選手の手が挙がるだろうと思ったくらいの接戦でした。2対1の採点でしたが、アフマダリエフ選手の手が挙がっていてもおかしくはない内容でした」と振り返った。

   金平会長によると、現地でタイトル戦を観戦した亀田は新王者との対戦に自信を見せたという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中