2024年 6月 17日 (月)

WBCまさかの落選も...韓国23歳が「159.8キロ」記録 剛速球投手が次々出現、現地メディア大興奮

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   韓国プロリーグのキウム・ヒーローズに所属するアン・ウジン投手(23)が2023年4月13日、チャムシル球場で行われた斗山ベアーズ戦に先発し初回に158.2キロを記録した。地元メディアによると、球団のトラックマン(弾道測定機器)では159.8キロを計測し、国内2人目となる160キロ超えを視界にとらえた。

  • WBC韓国代表(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    WBC韓国代表(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • WBC韓国代表(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

「剛速球投手出現で野球が2倍面白い」

   前日(12日)にハンファ・イーグルスのムン・ドンジュ投手(19)が国内初の160キロ超え(160.1キロ)を記録したこともあり、国内屈指の速球派の投球に注目が集まっていた。

   アンはその期待に応えるように初回から飛ばし、2番打者ホ・ギョンミン選手に対する直球がこの日最速の158.2キロを記録。非公式ながら球団のトラックマンでは159.8キロを計測した。

   国内2人目となる160キロ超えはならなかったが、地元メディアはアンの投球を絶賛した。

   スポーツメディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)は、「『160キロムン・ドンジュ+159.8キロアン・ウジン』剛速球投手出現で野球が2倍面白い」などのタイトルで記事を公開した。

   同メディアは、アンの球はムンよりも0.2キロ足りなかったが、途方もないボールだったとし、キャッチャーミットの中に球が入った瞬間、途方もない捕球音が出たと報じた。そして野球を見る最大の楽しみは「剛速球」だと主張し、力で圧倒するアンの投球はファンに爽やかさを与えると称賛した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中