2024年 5月 25日 (土)

王座陥落で井上尚弥戦「消滅」のアフマダリエフ 判定負け採点に陣営激怒...「即時再戦」要求

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロボクシングの前WBA・IBF世界スーパーバンタム級王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン、28)陣営が、2023年4月9日に行われた世界戦の採点に不満を示し即時再戦を要求した。米国のボクシング専門メディア「ボクシングシーン」が4月12日に報じた。

  • アフマダリエフ選手(写真:アフロ)
    アフマダリエフ選手(写真:アフロ)
  • アフマダリエフ選手(写真:アフロ)

井上尚弥の標的だったが...

   アフマダリエフは4月9日に米テキサス州で行われた世界戦に出場し、挑戦者マーロン・タパレス(フィリピン、31)に1-2の判定で敗れた。2人のジャッジが115-113の2ポイント差でタパレスを支持し、残る1人が118-110でアフマダリエフの勝利とした。

   共に強打を誇るサウスポー同士の一戦は序盤から接戦となった。一進一退の攻防が続く中、終盤にアフマダリエフが攻勢に出るが、わずかに及ばずプロ初黒星を喫した。一方のタパレスはバンタム級に続いて世界2階級制覇を達成した。

   アフマダリエフにとってこの試合は、元世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)とのビッグマッチに向けてのステップだった。

   スーパーバンタム級に転向した井上は今年7月25日に東京・有明アリーナでWBC・WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国、28)に挑戦する。スーパーバンタム級でも4団体統一を目指す井上にとって対抗団体の王者は対戦候補となり、アフマダリエフが有力候補だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中