2024年 5月 24日 (金)

「こんなに少なかった?」チップスターに驚く声続出 なぜ量変更も筒変えず?メーカーに聞いた

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ロングセラーのスナック菓子「チップスター」について、内容量が少なくなったことにツイッターで驚く声が相次いでいる。

   メーカーのヤマザキビスケット(東京都新宿区)は、すでに3月出荷分から価格などを変えると発表している。ただ円筒型の容器の大きさは変わっておらず、その理由について話を聞いた。

  • デザインも変わったチップスター
    デザインも変わったチップスター
  • 袋を開けたときのポテトの量
    袋を開けたときのポテトの量
  • デザインも変わったチップスター
  • 袋を開けたときのポテトの量

3月出荷分から価格や規格を改定すると、サイトで発表していた

   チップスターは、きれいにカールした楕円形のポテトチップスとしてお馴染みだ。誕生は1976年と半世紀近く前になり、公式サイトによると、成型ポテトチップスは日本で初めてだったという。

   赤いパッケージで知られ、オリジナルのうすしお味のほか、コンソメ、のりしおも発売されている。

   原材料費の上昇などで食品の価格が次々に上がっており、ヤマザキビスケットも2023年1月23日、チップスターなど一部製品について、3月出荷分から価格や規格を改定するとサイトで発表した。

   その理由として、主原料のポテトフレークや油脂の価格が高騰しているほか、電気代・ガス代、物流費用も上昇しており、企業経営に深刻で多大な影響を及ぼしていることを挙げた。「製品の品質を維持しながらコストアップを吸収する取組みを継続してまいりましたが、企業努力によるコスト吸収の限界を超えた大変厳しい状況」にあるとして、チップスターS、チップスターLの価格改定などを予告した。

   その後、4月上旬ごろから、チップスターについて、「内容量が減ったー」「こんなに少なかったっけ?」などとツイッターで写真が投稿されて注目を集めた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中