2024年 4月 20日 (土)

「井上尚弥と戦うのは非常に現実的」 新対戦候補・タパレス陣営主張...「準備はできている」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロボクシングのWBA・IBF世界スーパーバンタム級王者マーロン・タパレス(フィリピン、31)が2023年4月19日、元世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)との対戦の可能性に言及した。複数の地元メディアが伝えた。

   タパレスは4月9日に米テキサス州で行われた世界戦に出場し、WBA・IBF同級王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン、28)を判定で破り新王者となった。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「井上が勝ってくれることを願っている」

   一方の井上は7月25日に東京・有明アリーナでWBC・WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国、28)に挑戦する。

   地元メディア「INQUIRER.NET」(WEB版)によると、タパレスはタイトル戦を控える井上に対して「試合に勝ってくれることを願っている。そうすればリングで私に会えるだろう。準備はできている。待っている」とエールを送りつつ対戦を熱望した。

   タパレスの次戦に関しては不透明で、WBA同級王座の次期挑戦権を有する世界1位・亀田和毅(TMK、31)も対戦候補に挙がる。複数の地元メディアによると、アフマダリエフと対戦した際の契約の中に再戦に関する条項は含まれていなかったという。

   フィリピン放送局「ABS-CBN」(WEB版)は、タパレスのマネジャーを務めるJCマナンキル氏のコメントを紹介した。

   マナンキル氏は「タパレスが井上と戦うのは非常に現実的だ」と主張し、「強打者の井上にとってフルトンはやりやすい相手だ」と井上の勝利を示唆した。タパレス陣営は7月25日のタイトル戦を現地で視察する予定だという。

   タパレスはサウスポーの強打者で16年7月にWBO世界バンタム級王座を獲得。17年4月の初防衛戦では前日計量で体重を超過して王座をはく奪された。19年12月にIBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦で岩佐亮佑(セレス)と対戦し11回TKO負けを喫した。通算成績は37勝(19KO)3敗。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中