2024年 2月 27日 (火)

スープストック、離乳食提供は本当に「炎上」したのか 賛同・応援も多数...SNS反応の実態は

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   食べるスープ専門店「スープストックトーキョー」が、全店で離乳食の無償提供を始めると発表し、SNSで批判が相次いでいると報じられている。

   実際、2023年4月20日には関連ワードがツイッターのトレンド入りするほど言及されているが、実態はどうなのか。

  • テキストマイニング(ソーシャルインサイトより)
    テキストマイニング(ソーシャルインサイトより)
  • テキストマイニング(ソーシャルインサイトより)

過去にはポジティブな文脈で話題に

   スープストックトーキョーは4月25日から、離乳食の無償提供を始める。発表では、背景について「お客さまのライフステージが変わり、ご家族やお子さまと一緒にご来店いただく方も増えてきました」と客層の変化を挙げ、「お子さまの成長を一緒に見届けることができればという思い、そしてお父さんやお母さんと一緒に食事の時間を楽しんでいただきたい」との思いがある。

   一部の店舗で試験導入したところ利用者から高評価で、SNSでも賛同が相次いだため、全店舗に広げるという。

   説明の通り、21年1月に一般のツイッターユーザーが「近所のスープストックが離乳食の提供始めてて驚いた(中略)しかも無料!?すごいな」と投稿すると、1万3000リツイート、2万3000以上の「いいね!」が寄せられた。スープストックは反響を受け、対応店舗をリプライ(返信)で案内していた。22年3月にも、「スープストックトーキョー離乳食無料なの?神なの?」と取り組みを称えるツイートに2万1000いいね!が押された。

   離乳食は「鶏肉と7種の野菜のミネストローネ」「鶏肉とさつまいものおじや」「北海道産とうもろこしのシチュー」「鯛出汁とトマトのおじや」の中から、時期によって1種類提供する。

   対象月齢は9~11か月(目安)。一人につき1杯までで、テイクアウト・デリバリーはできない。対象より上の子どもは、キッズセット(税込630円)を用意する。なお、スープストックトーキョーの運営会社が手がけるファミリーレストラン「100本のスプーン」でも、離乳食を無償提供している。客から人気を博し、レシピ本や自宅用の販売もしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中