2024年 5月 25日 (土)

AIイラスト「描いてる」はおかしい表現? 人気漫画家「ちょっと違う」と違和感も...SNSで議論に

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アニメ化もされた人気作品「邪神ちゃんドロップキック」などの作品で知られる漫画家のユキヲさんが2023年4月18日、AIでイラストを生成する際の表現についてツイッターで持論を展開した。

  • ユキヲさんのツイッター(pentarouX)より
    ユキヲさんのツイッター(pentarouX)より
  • ユキヲさんのツイッター(pentarouX)より

「『出力してる』とかになるんじゃ」

   ユキヲさんは18日、ツイッターを更新し「AIを使ってイラストを『描いてる』ってのはちょっと違うよなー。『出力してる』とかになるんじゃないのかな」と疑問を投げかけた。

   ユキヲさんの意見には、「現実の処理はフィルター処理が近いと思います。モザイクとかぼかしと一緒」「よくても『描かせてる』なんですよね。アシスタント代わりに使うことも出来るには出来るので」と同意する声が多く寄せられた。

   一方で、「一応ちょいちょい修正するので描いてますね」「この理屈ってすごく危ういと思うんですよね...(中略)...どこまでセーフでどこからアウトなの?それを誰が決めるの?となる」と反論する声も上がるなど議論を呼んだ。

   批判の声が上がったことについて、ユキヲさんはAIそのものを否定する意図はないとしてこう反論した。

「なんでAI否定してることになってるんですかね...過去にAIすごいってツイートしてるんですけどもね。とはいえ『AIを使って描いた』って表現を個人的に違和感を感じるって意見はダメなのか...。どちらかというとすげーと思ってる派なのに100%賛成じゃないとダメなのか?」

   ユキヲさんは2022年末、代表作「邪神ちゃん」のイラストをAI生成したとするファンの投稿に「AIすごいな!!この邪神ちゃんなら漫画売れたかもな...」と反応。

   AI技術の進歩について「あまりにも今風で受け入れられやすそうな邪神ちゃんが出て来たのには本当に驚いたってことです。無味無臭で嫌われようのない絵をしていた」と驚きを示していた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中