2024年 5月 27日 (月)

「大谷翔平に近い体の使い方している」 巨人20歳若手を元コーチ称賛...「世代交代の象徴になり得る」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球巨人の秋広優人内野手(20)が2023年4月22日に神宮球場で行われたヤクルト戦に「7番・レフト」で先発出場し、プロ入り初安打と初打点を記録した。翌23日のヤクルト戦でも先発出場を果たし、3打数2安打2打点の活躍を見せレギュラー取りをアピールした。

  • 巨人・原監督(編集部撮影)
    巨人・原監督(編集部撮影)
  • 巨人・原監督(編集部撮影)

「手足の長さをうまく使いこなしている」

   開幕から丸佳浩外野手(34)、坂本勇人内野手(34)が打率1割台と調子が上がらず、チームは25日時点でリーグ5位に低迷。ベテラン勢が精彩を欠く中、2試合連続で結果を残したプロ3年目の秋広はレギュラーとして定着するのか。巨人で戦略コーチを務めた橋上秀樹氏(57)に分析してもらった。

   秋広が1軍の打席に立ったのはルーキーイヤーの21年の1度だけ。22年は1度も1軍に昇格することなく2軍の試合に出場し続けた。22日のヤクルト戦では1点ビハインドの2回2死1塁の場面で右中間にタイムリーツーベースを放ち、プロ初安打と初打点を記録した。

   橋上氏は身長2メートルの秋広のバッティングを身長193センチの大谷翔平投手(エンゼルス、28)と重ね合わせ解説した。

「秋広選手のバッティングを見ると、大谷選手に近い体の使い方をしている。2メートルと長身ですが、手足の長さをうまく使いこなしている。手足が長いとどうしても操作性が損なわれるが、バッティングに柔らかさと器用さを感じる。ボールに対するコンタクト力やミート力があり、長い手足が邪魔になっていない。高卒3年目ですが、昨年から段階を追ってスイングが速くなっている」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中