2024年 2月 24日 (土)

洗剤と柔軟剤、同時入れはなぜNG? 「意外とやりがち」注意喚起に反響...詳しい理由を花王に聞いた

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   花王の洗濯用洗剤「アタック」公式ツイッターが、新生活を始める人らに向け、柔軟剤と洗剤の正しい使用法を紹介し、反響を呼んでいる。

   2つを同時に入れるのは避けるよう伝える内容だが、どういう仕組みなのだろうか。J-CASTニュースが花王の担当者に理由を聞いた。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ
  • 柔軟剤と洗剤に関する「花王 アタック(お洗濯全般)」のツイート
    柔軟剤と洗剤に関する「花王 アタック(お洗濯全般)」のツイート
  • 柔軟剤と洗剤に関する「花王 アタック(お洗濯全般)」のツイート
    柔軟剤と洗剤に関する「花王 アタック(お洗濯全般)」のツイート
  • 写真はイメージ
  • 柔軟剤と洗剤に関する「花王 アタック(お洗濯全般)」のツイート
  • 柔軟剤と洗剤に関する「花王 アタック(お洗濯全般)」のツイート

「数十年やってました」

「洗濯を自分でやるようになったみなさんにご注意いただきたいことが一つあります」

   アタック公式は2023年4月13日のツイートでこう切り出した。続けて「意外にやりがち」だとして、「柔軟剤と洗剤を同じ投入口や同じタイミングで洗濯槽に入れる」ことは避けるべきだと紹介した。同時に入れると、お互いが効果を打ち消しあってしまい、きれいに洗えなくなるという。

   投稿では、使用目的が異なっており、洗剤は衣服などを洗うタイミング、柔軟剤はすすぐタイミングで使うものだと図で解説。それぞれの自動投入口に入れるのが正しい使い方だと写真付きで伝えている。

   この注意喚起に対し、ツイッターでは

「数十年やってました どうりでキレイにならない」
「忙しかったり、ぼーっとしている時にやらかします」
「知らんかった...ちょいちょい間違えてた」

といった反応があがっている。

   J-CASTニュースは25日、ツイートの背景や洗濯の注意点など詳しい話を花王の広報担当者に取材した。

   投稿の背景について聞くと、進学や就職で一人暮らしを始め、自分で洗濯をするようになった人が増える時期だと考え、情報発信を決めたという。

   「洗濯は人から習うという経験がなかなかないことのため、独自のやり方でやっているということが往々にしてあります」とする担当者。紹介したのは失敗の一例だとして、「これからの洗濯のお役に立てていただければ」としている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中