2024年 5月 30日 (木)

NHK画面が45分間「モザイクだらけ」 プロフェッショナル最新回に驚き「画面見る必要ないくらい」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2023年4月26日に放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合)に対し、視聴者から驚きの声が相次いだ。「こんなにボカシが入ったプロフェッショナルはかつてあっただろうか」といった反応だ。

   様々な職業を取り上げる同番組のこの日のテーマは「麻薬取締官」。番組スタッフが厚生労働省の麻薬取締部の課長に密着し、張り込みなどの捜査の様子を伝えるものだった。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ
  • 写真はイメージ

「その男は、名前も顔も、一切明かすことは出来ない」

   番組冒頭、「その男は、名前も顔も、一切明かすことは出来ない」とのナレーションと共に流れたオープニングには、複数のカットにボカシがかけられていた。対象は景色や人物はもちろん、何らかのもみ合いのシーンなど多岐にわたり、これらの映像が流れる中、「麻薬取締官、X、53歳」のナレーションがあり、今回の取材対象が名前を公表できない人物であることが明かされた。

   オープニングが終わり本編が始まると、スタッフが「麻薬取締部」と書かれた一室を訪問する映像が流れ、そこに現れたのが顔にボカシをかけられたX氏だった。X氏に導かれてスタッフが奥に進むと、そこには、どこにでもありそうなオフィスの光景が広がっていた。だが、そこで働く人々の顔には全てボカシがかけられていた。

   X氏へのインタビューが始まると、声に対してはボイスチェンジャーを使うなどの加工の痕跡はなかったものの、その顔にはやはりボカシが。時折、顔のパーツの位置は分かりそうになるものの、表情までは判別できない状況だった。番組が進むと、X氏が作業服に身を包み、マンションの作業員を偽装して捜査を進める様子の取材が始まった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中