2024年 5月 24日 (金)

36歳でオタクに→45歳で初の単行本 目標は「50歳で連載漫画のアニメ化」...壮年のマンガ家が突き進む夢

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「何事も遅くない。始めるなら今が一番若い!」――36歳で筆を執り、45歳でマンガ家として初の単行本を発売したモトカズさんはこう訴える。大学を卒業してから「仕事人間」だったモトカズさんが商業連載を目指したきっかけは、息子と一緒にアニメを見る生活にあった。

   J-CASTニュースは2023年4月中旬、モトカズさんにマンガ家を志した経緯を取材した。

  • 「いたずらな君にマスク越しでも恋を撃ち抜かれた」(作・星奏なつめさん、コミカライズ・モトカズさん)
    「いたずらな君にマスク越しでも恋を撃ち抜かれた」(作・星奏なつめさん、コミカライズ・モトカズさん)
  • モトカズさんが9年ほど前に描いたイラスト
    モトカズさんが9年ほど前に描いたイラスト
  • モトカズさんの現在のイラスト
    モトカズさんの現在のイラスト
  • 「いたずらな君にマスク越しでも恋を撃ち抜かれた」(作・星奏なつめさん、コミカライズ・モトカズさん)
  • モトカズさんが9年ほど前に描いたイラスト
  • モトカズさんの現在のイラスト

「年齢に関係なくチャンスがある今の時代のお陰」

   モトカズさんは、ライトノベル「いたずらな君にマスク越しでも恋を撃ち抜かれた」(作・星奏なつめさん、イラスト・裕さん)のコミカライズを手掛けた。学校一の小悪魔・紗綾先輩に翻弄される青春ラブコメで、連載するピッコマでは3万件を超える「いいね」が寄せられている。23年3月15日に単行本が発売された。

   翌月7日、「誰かの背中を少しだけ押せれば...」と自身の経歴を紹介し、次のようにツイートした。

「先月、45歳で漫画家として初単行本を出版しました。
36歳でオタクになり絵を描き始め、38歳でコミケ初参加、43歳から商業連載を夢見て今に至ります。
年齢に関係なくチャンスがある今の時代のお陰ですね。
つまり何事も遅くない。始めるなら今が一番若い!」

   モトカズさんは取材に対し、マンガ家を志した経緯を次のように説明する。

   モトカズさんは、大学を卒業してから仕事に明け暮れていた。部門を任されるという重圧から、週に何日も会社泊をするような日が続いたという。忙しさから趣味も特技も持てなかった。業務内容も専門性が高いものでなかったため、いつしか心のうちに「器用貧乏ではく、何かのプロフェッショナルになりたい!」という思いが芽生えていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中