2024年 2月 25日 (日)

内紛、釈明、活動休止...「暴露系インフルエンサー」に異変 「正義のヒーロー」の実像は?当事者が告白する

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   飲食店などでの迷惑動画がSNSで相次いで拡散した騒動で、「暴露系インフルエンサー」への注目が急上昇している。

   いち早く動画を"発掘"し、「界隈史上、最悪の迷惑テロ動画見つかる」「クズの動画がガチでやばいwwwww」と刺激的な言葉で問題提起。それをメディアが取り上げる動きも頻発した。

   一方、暴露系に向けられるまなざしには、変化の兆しもある。ネット私刑を過剰に助長しているとの批判が巻き起こり、弁明を迫られる発信者も出ている。曲がり角に来ている「正義のヒーロー」を、4回の連載で掘り下げる。

  • 暴露系インフルエンサーを取り巻く環境に変化(ガーシー氏は陳謝動画より、モザイクは編集部)
    暴露系インフルエンサーを取り巻く環境に変化(ガーシー氏は陳謝動画より、モザイクは編集部)
  • 暴露系インフルエンサーを取り巻く環境に変化(ガーシー氏は陳謝動画より、モザイクは編集部)

「一人の人生を余裕で潰せるレベルに到達」

   暴露系インフルエンサーとは、ツイッターやユーチューブなどで、一般人のネット炎上や著名人の疑惑、企業の不祥事を中心に発信する存在だ。

   暴露系の中には「ネット界の文春砲」ともてはやされる人物もおり、2022年6月公開の映画『神は見返りを求める』では、俳優のムロツヨシさんが暴露系ユーチューバーを演じたほど市民権を得た。

ムロツヨシさんが暴露系ユーチューバーを演じた(映画『神は見返りを求める』ユーチューブより)
ムロツヨシさんが暴露系ユーチューバーを演じた(映画『神は見返りを求める』ユーチューブより)

   「ガーシー」こと東谷義和氏は、暴露を強みに22年2月にユーチューブチャンネルを開設すると瞬く間に支持された。ネット人気を背景に7月の参院選では初当選を果たす。

   しかし、企業などの追及をしていたインフルエンサーが発信者情報開示請求をされたためか更新を止めたり、ガーシー氏に暴力行為等処罰法違反(常習的脅迫)などの容疑で逮捕状が出たりと、暴露系が過渡期を迎えている。

「滝沢ガレソ、軽ーい判断で一人の人生を余裕で潰せるレベルに到達してるしそろそろ永久凍結ぐらいにしておいた方がいい」

   23年3月、ツイッターでのフォロワー数が185万人超えの暴露系インフルエンサー・滝沢ガレソ氏を名指しで非難したツイートが広まった。影響力のあるアカウントの暴力性を指摘し、プラットフォーマーに対応を求める内容だ。「寿司テロ」騒動を引き合いに「私刑が流行るのは良くない」とも訴えている。

   滝沢氏は投稿に反応し、「皆さんの意見をリプで頂けると今後の運営方針の参考にさせていただきます」と傾聴の姿勢を示した。その後、炎上した学生をモザイクなしで晒したツイートを削除し、「今後についても未成年者に関するニュースは特に慎重に取り扱います」とプライバシーへの配慮がこれまで不十分だったとした。

   同時期には、滝沢氏含め、同じく暴露系で知られる「大学生のきしょいストーリー」(フォロワー数60万)、「インフルエンサー紹介BOT」(39万、サブアカウントの「TikTokの痛い人たち」は25万、「モデル気取りあるあるBOT」は3万)、「進撃のJapan」(27万)らへ強い不快感を表明した投稿が話題となった。これらのアカウントを「ブロック」(閲覧制限)したことで、精神衛生が向上したという人もいた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中