2024年 5月 19日 (日)

「抜けられてよかった」逮捕された元暴露系ユーチューバーの懺悔 栄光から転落までの5年

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2023年2月ごろから多発した「寿司テロ騒動」で、「暴露系インフルエンサー」が一躍注目された。

   特集記事の第一回では「内紛、釈明、活動休止...『暴露系インフルエンサー』に異変 『正義のヒーロー』の実像は?当事者が告白する」と題し、彼らの正体に迫った。

   第二回では、暴露系ユーチューバーとしてかつて人気だった、よりひと氏(29)に話を聞いた。名誉毀損などで有罪判決を受け、現在は「攻撃した人には申し訳ない」と過ちを認めている。活動が先鋭化するまでにどんな過程があったのか。

  • よりひと氏
    よりひと氏
  • よりひと氏

笑いを誘うつもりが「炎上系で数字が取れてしまった」

   よりひと氏は高校卒業後、理学療法士になるため専門学校に進んだ。しかし芸人に憧れ中退、福岡県内で職を転々とする日々を送る。食費と交際費がかさみ借金は200万円あった。

   転機は2014年、バラエティー番組「ダウンタウンDX」だった。6秒のショート動画アプリ「Vine」で注目の人物が出演しており、「動画を見てみたら自分の方が面白い」と感じてVineを始めた。それまでネットとの接点は全くなかったが、お笑いライブの集客に苦戦していたため、ユーザーが多く集まる場は魅力的に映った。

   太陽光発電の営業職をする傍ら、睡眠時間を削って「ネタ系」動画の投稿にいそしんだ。その後、ユーチューブも始め、徐々にファンを増やしていった。

よりひと氏のユーチューブ開設初期の動画
よりひと氏のユーチューブ開設初期の動画

   初の「大ヒット」は別の投稿者と口喧嘩をする動画だった。これまでと毛色の違う内容だったものの、想定外の100万再生。よりひと氏は「意識的には芸人だったが、物申す、炎上系で数字が取れてしまった」と振り返る。

   視聴数を意識し、人気のインフルエンサーを攻撃する動画を増やしていった。ユーチューバーのシバター氏がすでに同様のコンセプトで活動していたが、「若い人をターゲットにした物申す系は僕が初めてだった」。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中