2024年 6月 14日 (金)

1日50通の荷物発送で「ファミマ出禁になった」 同人作家の投稿話題...持込にルールある?本社に聞いた

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   コンビニチェーン「ファミリーマート」を通じて、同人誌を1日50通発送しようとしたら、店から困るなどと言われて断られたと、同人作家がツイッターで明かして関心を集めている。

   発送のレジ受け付けには、1回5通の制限があり、50通なら少なくとも10回は店に依頼する計算になる。こうした発送量についてどう考えるのか、ファミリーマートの広報部に話を聞いた。

  • ファミリーマート
    ファミリーマート
  • 分けて持ち込んだという約50通(写真は、ツイッター投稿から)
    分けて持ち込んだという約50通(写真は、ツイッター投稿から)
  • ファミリーマート
  • 分けて持ち込んだという約50通(写真は、ツイッター投稿から)

「困るので、他の店に行ってくれ」と言われたと報告

   この同人作家が利用したのは、同人誌などを扱うマーケット「BOOTH」が手がける発送サービスだ。

   そのサービス「あんしんBOOTHパック」は、宅配大手のヤマト運輸と連携しており、個人を特定されずに匿名で発送できる。発送物は、自宅などへの集荷はしておらず、ファミリーマートかヤマト運輸の営業所に持ち込む。発送では、受け取り先のポストに翌日投函する「ネコポス」便が使われる。

   今回のトラブルについて、同人作家は2023年4月30日、ツイッターでその経緯を説明した。

   それによると、自ら制作した同人誌を購入者にネコポス便で送ろうと、1回につき5~10通として、自宅近くのファミマ店舗に何度か出向いた。店のレジでは、他の客が並んだら先に譲るなどの配慮もしたという。しかし、1日で計50通ほどを持ち込むと、店長から、「こっちも困るので、他の店に行ってくれ」といった内容で「出禁」扱いになったとしている。

   そこで、同人作家は、他のファミマ店舗かヤマトの営業所に持ち込むことにした。ヤマトの営業所は、数が少なく、受付が終わる時間も早いのがネックだったが、未発送の同人誌が十数冊もたまってしまった。何とか時間を作って、ヤマトの営業所で約20冊を発送したと報告していた。

   BOOTHの公式サイトでは、ファミマ店舗にあるマルチコピー機のサービス告知画面を通じて、店頭のレジでの受け付けは、一度に最大5通までと明記されていると説明している。また、この告知画面には、「多くの荷物を持ち込まれる場合は、ヤマト営業所をご利用ください」と注意書きも出ている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中