2024年 3月 2日 (土)

中丸雄一「腹がねじれる程笑った」に誤用指摘→本人訂正 「正しくは『よじれる』でした」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アイドルグループ「KAT-TUN」の中丸雄一さん(39)が2023年5月9日、「腹がよじれる」ことを「腹がねじれる」と間違って表現したとして、ツイッターで訂正した。

  • ジャニーズ事務所
    ジャニーズ事務所
  • 中丸さんの訂正ツイート(中丸さんのツイッターより)
    中丸さんの訂正ツイート(中丸さんのツイッターより)
  • ジャニーズ事務所
  • 中丸さんの訂正ツイート(中丸さんのツイッターより)

「以後こうして日本語を学びながらツイッタラー生活を楽しみます」

   中丸さんは、8日のツイートで、バラエティー番組「家事ヤロウ」(テレビ朝日系)の撮影終わりだと明かし

「今日も腹がねじれる程笑った。多分実際にねじれてると思う」

とツイートした。この投稿には、「よじれるんじゃなくてねじれるの!?」「ねじれたらアカン」など、誤用ではないかとのツッコミが出ていた。

   そうした反応を受けてか、中丸さんは9日に

「前回のツイートで『腹がねじれる』と表現しましたが、正しくは『腹がよじれる』でした」

と訂正した。

   中丸さんは

「どちらも正しいと誤解していました」

と明かし、

「以後こうして日本語を学びながらツイッタラー生活を楽しみます。文字に特化したSNS、それがツイッター。引き続きよろしくお願いいたします」

としていた。

   ファンからは

「私も間違えて使うこともあったので気づきませんでした。勉強になります!」
「腹が捩れるの捩るはよじる、ねじる双方読めますものね」
「中丸くんのこういう真面目で真っ直ぐな所って本当に信頼できる人だなぁーって思います」

といった声が寄せられている。

   「捩(よじ)れる」と「捩(ねじ)れる」はどちらも同じ漢字を使用することがある。

   広辞苑第7版で「腹」をひくと、「腹が捩(よじ)れる・・・あまりのおかしさに大笑いするさま。腹の皮を縒(よ)る」というコロケーションが紹介されているが、腹がねじれるという表現はない。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中