2024年 2月 25日 (日)

韓国へ戻った元阪神選手、防御率1.71エース級の活躍 NPBでは成績低調も...古巣復帰で再び輝き

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   韓国プロ野球斗山ベアーズに所属するラウル・アルカンタラ投手(30)が2023年5月9日に釜山で行われたロッテジャイアンツ戦に先発し7回3安打1失点の好投で4勝目を挙げた。チームは連敗を「3」でストップした。

  • アルカンタラ投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    アルカンタラ投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • アルカンタラ投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

「7回までエースらしいピッチングを見せた」

   スポーツメディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)によると、ストレートは最速153キロを記録しフォーク、スライダー、カーブを織り交ぜて相手打線を翻ろう。2試合連続でクオリティスタート(QS=6回以上を投げて自責点3以内)を達成した。

   アルカンタラは今季7試合に登板して4勝2敗、防御率1.71をマーク。勝利数はリーグ3位タイで防御率は4位。いずれもチームトップの数字だ。

   スポーツ朝鮮によると、アルカンタラは「チームが連敗中だったので雰囲気を変えるために最善を尽くした。本当に意味のある勝利だった」と語った。

   日本のロッテ、巨人、オリックスでプレーし、韓国の「国民的打者」と称される斗山ベアーズのイ・スンヨプ監督(46)は「アルカンタラが7回までエースらしいピッチングを見せた」と称賛した。

   アルカンタラは大リーグのオークランド・アスレチックスから18年オフに韓国リーグのKTウィズに移籍。20年に斗山ベアーズに移籍しリーグ最多となる20勝を記録した。20年オフに阪神に移籍。当初、先発として期待されるもシーズン後半に中継ぎに配置転換され、2年通算4勝6敗23ホールド1セーブの成績だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中