2024年 2月 25日 (日)

ジャニーズ社長「顔出し謝罪」に驚き 透明性アピールが狙い?危機管理の専門家が理由分析

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ジャニーズ事務所」の藤島ジュリー代表取締役社長が2023年5月14日、故・ジャニー喜多川前社長(2019年死去)から性被害を受けたとする元所属タレントの告発を受けた謝罪声明を、事務所公式サイトに掲載した。

   声明は一問一答形式だが、あわせて、ジュリー氏が経緯を説明したうえで謝罪する約1分間の動画も公開された。一連の対応をめぐっては、社長本人が顔を出して謝罪したことにも驚きの声が出ている。

   顔を出したことに狙いはあるのか。J-CASTニュースは、企業の危機管理に詳しいエイレックス(東京都港区)の江良俊郎社長に聞いた。

  • ジャニーズ事務所(2019年撮影)
    ジャニーズ事務所(2019年撮影)
  • ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長(事務所公式サイトから)
    ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長(事務所公式サイトから)
  • ジャニーズ事務所(2019年撮影)
  • ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長(事務所公式サイトから)

「重大さを事務所として重く受け止めていることを示したい」

   江良氏は、今回の声明の発表方法について、ジャニーズ事務所側に、色々な角度から質問をされてしまう会見はしたくないが、何もしないのはまずいという判断がまず先にあったのではないかと指摘する。

   その一方で、文書だけの発表に留まらなかった理由があると分析する。

「文書のみではなく動画を出したのは、今回の件について『事は重大である』とアピールしつつ、その重大さを事務所として重く受け止めていることを示したい狙いがあったと考えます」

   あわせて、ジュリー氏だけでなくジャニー氏も含め、これまで、ジャニーズの経営者がメディアに姿を見せる機会が少なかったことから、「経営者の顔が見えないがゆえに感じていた『不気味さ』を払拭する」狙いもあったのではないか、とした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中