2024年 4月 25日 (木)

「経営者クソばっか」「何考えてんの?」 性加害問題、ジャニーズ起用企業の姿勢にメンタリストDaiGoブチギレ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   メンタリストのDaiGoさんが2023年5月15日に行ったYouTube生配信で、ジャニーズ事務所の性加害問題をめぐり、所属タレントを起用している一部企業の姿勢に怒りを露わにした。

  • DaiGoさんのYouTube配信のスクリーンショット
    DaiGoさんのYouTube配信のスクリーンショット
  • ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長
    ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長
  • DaiGoさんのYouTube配信のスクリーンショット
  • ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長

「被害者の仕事をキャンセルするんですよ。何考えてんの?って」

   故ジャニー喜多川氏による性加害疑惑をめぐっては、5月14日に藤島ジュリー景子社長自ら顔出し動画を公開し謝罪した。

   疑惑に関し「問題がなかったとは一切思っておりません」との認識を示す一方、「当事者であるジャニー喜多川に確認できない中で、私どもの方から個別の告発内容について『事実』と認める、認めないと一言で言い切ることは容易ではない」などとしている。

   DaiGoさんは15日に行った生配信「ジャニーズ性加害問題で【対応を考えている】臆病で卑怯な経営者共へ」で、この問題に言及した。

   共同通信は15日、「ジャニーズ所属、起用企業に動揺 CM、世間の反応で判断」と題した記事を配信。所属タレントを起用している企業の一部が、問題を受け「世間の反応をみながら対応を決める」などとコメントしたとして、「現時点では状況を注視する企業が多い」とする見解を伝えていた。

   DaiGoさんが問題視したのは、この報道で伝えられた企業の姿勢だ。仮に企業側が何らかの対応に踏み切った場合、被害にあった可能性もあるタレントを逆に追い込むことになる、などとして怒りを露わにした。

   「ほんと経営者ってクソばっかなのかっていうのがありまして」「『対応を考える』って言ってるところがあると。ほんとクソだなと思いますね」などと激怒し、次のように続けた。

   「こういう人たちって、結局ユーザーの幸せとか、困ってる人の問題を解決するとか、地域社会に貢献するだとか、社会を少しでも良くするとか、そういうこと言って結局自分のことしか考えてないんですよ。

   何が『対応を考える』の?って話。だって、そのタレントさんらは被害者ですよ。された人も、されてない人も被害者ですよ。被害者の仕事をキャンセルするんですよ。何考えてんの?って。もうほんとね、ムカつく。ごめんなさい、今日はただ単に僕怒ってます」

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中