2024年 5月 24日 (金)

ジャニーズを「へたくそな学芸会」呼ばわりで物議 茂木健一郎氏が真意説明...「とても支持できないと結論した」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   脳科学者の茂木健一郎氏が2023年5月15日、ジャニーズ事務所のタレントのパフォーマンスについて「学芸会」に例えて批判した自身の投稿について、改めて真意を説明した。

  • 茂木健一郎氏(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
    茂木健一郎氏(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • 茂木健一郎氏(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「いろいろ問題がありすぎるということ」

   ジャニーズ事務所創業者として知られる故ジャニー喜多川氏による少年らに対する性加害疑惑に関連して、茂木氏は12日、次のようにツイートしていた。

「ジャニーズ事務所の問題は、ジャニーさんのこともそうだけど、歌も踊りもへたくそな若い男の子たちの学芸会のパフォーマンスを、『スター』というキャラ設定で垂れ流しして、番組のMCや大河の主役に起用して、日本のエンタメのレベルを落としてきたことへの検証こそメディアはやってほしい」

   投稿は物議を醸した。

   ジャニーズグループのファンとみられるユーザーらから、「『以前から思ってました』みたいにこのジャニーズが問題を抱えている時にわざわざそういう意見を仰るのは本当に下品な行為だと思いますよ」「問題が明るみになってから手のひらを返してディスりまくるのは卑怯だな。長年応援してきたファンや支持者の気持ちを踏みにじってまで批判するのは不自然だし、矛先を演者に向ける意味が解らない」などとする批判も相次いでいた。

   茂木氏はかつて「SMAP」や「嵐」を称賛する投稿を行っていたことから、「素晴らしいほどの手のひら返しだな」などとする指摘も目立つ。

   その後、茂木氏は15日になって、物議を醸した上記ツイートを引用し「このツイートが現時点で1500万回以上表示されてぼくも驚いている」と反応した。そのうえで、

「いただいたコメントを見ていて感じたのは、ジャニーズのアイドルの人気を支える構造には、ルッキズムを含めて、いろいろ問題がありすぎるということ。そのあたりがクリアになった以上、とても支持できないと結論した」

と続けた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中