2024年 3月 1日 (金)

「旅するように働く」生き方は定着するか 月5泊で5万5800円、東急ホテルサブスクが示した可能性

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東急は2023年5月17日、21年から実証実験として展開してきたホテルの周遊型サブスク(定額課金)サービス「TsugiTsugi」(ツギツギ)を正式に事業化して販売を始めたと発表した。

   これに先立つ形で、東急、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション、日本経済新聞社が合同で社員100人に対して実証実験を実施。その結果、働く場所を選べる制度や、旅先での執務環境を整備することで「従業員のモチベーション向上に伴う生産性の向上やエンゲージメント向上、ストレス軽減などに大きく寄与することが示された」として、法人プランの売り込みも図りたい考えだ。

  • 「TsugiTsugi」では5月19日に東急歌舞伎町タワーに開業予定の「HOTEL GROOVE SHINJUKU」(ホテルグルーヴシンジュク)も利用できる
    「TsugiTsugi」では5月19日に東急歌舞伎町タワーに開業予定の「HOTEL GROOVE SHINJUKU」(ホテルグルーヴシンジュク)も利用できる
  • 「TsugiTsugi」では5月19日に東急歌舞伎町タワーに開業予定の「HOTEL GROOVE SHINJUKU」(ホテルグルーヴシンジュク)も利用できる

旭川から宮古島まで110か所から選べる

   「TsugiTsugi」は、「旅するような暮らしを創造するプラットフォーム」という位置づけで、23年5月現在の会員は約2万人。宿泊できるのは、北は「JRイン旭川」(旭川市)から南は「宮古島東急ホテル&リゾーツ」(宮古島市)まで110か所にわたる。そのうち首都圏が33か所で、5月19日に東急歌舞伎町タワーに開業予定の「HOTEL GROOVE SHINJUKU」(ホテルグルーヴシンジュク)も含まれる。

    利用可能な施設が多く、「どこに行くか迷う」という声も出たため、対話型人工知能(AI)のChatGPTの技術を活用し、利用者ごとに最適な宿泊先などを提案する「旅先こんしぇるじゅ」もリリースした。

   3社の社員に対する実証実験は23年1~3月にかけて実施。「全国で旅するように働く」新たなワークスタイルのあり方を検証するのが目的で、100人が参加し、91件の有効回答を得た。

   ピーチ社員は月に5泊の「平日旅」をするスタイル。有給休暇を使ってプライベートな旅行もできるようにした。今回発表された個人向けプランでは、月に5泊できる「えらべる5」(5万5800円)に相当する。東急、日経の社員は、これに日経のシェアオフィス・コワーキングスペースプラットフォーム「OFFICE PASS」(オフィスパス)の月5回利用をセットにしたプランを体験した。「えらべる5」だと6万1800円相当だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中