巨人・菅野が記者に「ブチ切れ」「公開説教」報道 スポーツ報知が否定「ニュアンスが全く違う」

   スポーツ報知は2023年5月22日までに、巨人の菅野智之から自社の記者が「公開説教」されたとの報道を受け、担当デスクが「誰がどう見たって違います」と否定した。

  • 東京ドーム
    東京ドーム
  • 東京ドーム

現場では混乱広がる

   デイリー新潮は16日、「巨人・菅野智之が『迷惑なんだよ!』とスポーツ報知記者を怒鳴りつけた日 "投げないエース"の王様ぶりに周囲は呆れ顔」と、菅野投手の近況を報じた。

   記事によれば、ファームで調整中の菅野投手が、自身の動向を伝えたスポーツ報知の記事に激怒し、「勝手に復帰予定を書かれたら困る」と記者に当たり散らした。

   新潮はこの様子を見ていた記者らの証言を情報源としているが、報知は否定した。公式ユーチューブ動画で18日、読者から事実確認を求める声が多く寄せられたといい、現場にもいたという巨人担当デスクが「そんなわけない」と一蹴した。

   記事では「公開説教」「記者にブチ切れ」と表現されていたが、「そんなことで菅野投手は怒鳴らないです。そんなに(器は)小さくないです。じゃれあってたというか、その場の空気、ニュアンスが全く違う」と説明する。

   「菅野投手もわれわれ報知新聞の記者も戸惑っていました」と現場では混乱が広がったといい、「誰がどう見たって違います」と重ねて否定した。

姉妹サイト