大谷翔平のラスト1歩が「めっちゃ飛んでる」 ダッシュの歩幅にネット驚愕「人間業じゃなかった」

   大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が2023年5月24日のレッドソックス戦で見せた、1塁内野安打での走塁の歩幅にインターネット上で驚く声が寄せられた。

  • 大谷翔平(写真:AP/アフロ)
    大谷翔平(写真:AP/アフロ)
  • 大谷翔平(写真:AP/アフロ)

「まるでバレエみたい」

   大谷選手が第1打席で打った球は一塁手の方向に飛んでいき、キャッチされた。しかし、大谷選手は全力ダッシュを続け、カバーに入ったブライアン・ベロ投手が一塁に到達するよりもギリギリ先にベースを踏むことに成功した。

   大谷選手はベロ投手がベース近くでボールを受け取った次の瞬間、最後の1歩で数メートルほどの大きな歩幅を見せ、セーフを勝ち取っていた。

   このシーンにネット上からは、「最後の一歩が人間業じゃなかった」「めっちゃ飛んでる」「まるでバレエみたいな...」といった驚きの声が集まっていた。

姉妹サイト