2024年 6月 17日 (月)

高校時代に後輩をバット殴打 韓国プロ野球選手が謝罪「運動部の悪習を批判せず受け入れ、後悔している」現地報道

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   韓国プロ野球KTウィズに所属するペ・ジョンデ外野手(28)が2023年8月17日、高校時代に後輩に体罰を加えたことを、SNSを通じて謝罪した。複数の韓国メディアが同日に報じた。

  • ペ・ジョンデ選手(ぺのインスタグラムより)
    ペ・ジョンデ選手(ぺのインスタグラムより)
  • ペ・ジョンデ選手(ぺのインスタグラムより)

「受け入れがたい条件提示で合意に至らず」

   地元通信社「聯合ニュース」(WEB版)によると、ペはSNSで高校2年生だった12年の台湾キャンプ中に1年生に体罰を加えたことを明かした。体罰は3年生主導のもと行われ、ペは後輩たちの尻をバットで3回ずつ殴り、すぐに後輩たちに謝罪。その後、暴行や暴言は一切なかったという。

   「ファンの方々にご心配をおかけし申し訳ございません」と謝罪の念を表し、「運動部の悪習を批判せずに受け入れたことに対し心より反省し後悔しています」と現在の心境を吐露した。

   今回の騒動は、体罰を受けた高校の後輩が最近になってインターネットで被害内容を公開したことが発端となった。記事によると、後輩はぺにバットや拳で数回殴られ、罵倒されたと主張しているという。

   後輩は今年初めにぺが所属するKTウィズに被害事実を伝え、ぺは謝罪や補償の要求に応じようとしたが合意に至らなかった。記事ではぺの関係者談を次のように伝えた。

「今年初めに後輩が球団に連絡を取って補償金を要求した。数千万ウォンから今季の年俸の半分(1億7000万ウォン=約1800万円)に至るまでの巨額を要求するなど受け入れがたい条件を提示したため合意に至らなかった」

   今後は代理人を通じて引き続き連絡を取るという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中