活動自粛から10日超...藤本敏史出演「あちこちオードリー」放送 番組Pは「様子見してダサい」に反論

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   交通事故により活動自粛しているお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史さんが2023年10月25日、「活動自粛発表前に収録したものです」とのテロップ付きでトークバラエティー「あちこちオードリー」(テレビ東京)に出演した。

   予告を出さずに他局の動きを様子見のうえ放送したのではないかとの声を受け、番組プロデューサー・佐久間宣行さんが「あの時点では流せるかまだ交渉中だった」「関わってるスタッフ悲しんでるので訂正しときます」とX(ツイッター)で訴えている。

  • 藤本敏史さん(2016年撮影)
    藤本敏史さん(2016年撮影)
  • 藤本敏史さん(2016年撮影)

「あの回をお蔵にしないために」

   藤本さんをめぐっては、東京都内で車との接触物損事故を4日に起こし当面の活動を自粛する、と所属事務所の吉本興業が11日に公式サイトで発表した。

   藤本さんは「事故直後に適切な対応ができておらず、浅はかな行動をとってしまい、被害者の方に対して大変申し訳ない思いです」とコメント。複数メディアでは当て逃げ事故を起こしたとも報じられている。

   25日放送のあちこちオードリーはお笑いコンビ「オードリー」がMCを務め、アイドルグループ「NMB48」からの卒業を12月に控える渋谷凪咲さんと、コンビでは初出演というFUJIWARAの2人が登場した。前出のテロップが一時的に表示されたものの、藤本さんが1人で画面に映り、話を進める場面も見られた。

   Xでは、前週は次回予告がなかったと振り返る視聴者が出るなか、他局の動きをみて放送したのではないかとして「ダサくね?」という声もあがった。

   佐久間さんは26日になって、投稿を引用リポストする形で「あの時点では流せるかまだ交渉中だったからです」と説明。下記のように伝えた。

「こっちが各所とどれだけ交渉重ねて、あの回をお蔵にしないために努力したと思ってるんだろう。関わってるスタッフ悲しんでるので訂正しときます」
姉妹サイト