2024年 3月 4日 (月)

小学館の編集者声明は、会社への「反乱」だったのか 現場と経営の「力関係」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本テレビ系のドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50歳)が亡くなった問題で、原作を手がけた小学館の編集者らが異例の声明を出したことについて、編集者が会社の方針とは別に声を上げたと漫画家が内情を明かして話題になっている。

   事実関係ははっきりしないが、出版社では人事に意見を言えるほど労働組合の力が強いともされる。今後は、ドラマを制作した日テレも、同様に声明などを出すべきだとの声がネット上などで強まっている。

  • 小学館(写真:アフロ)
    小学館(写真:アフロ)
  • 小学館(写真:アフロ)

「作家には内内にこういう事をしますのでって連絡あった」

   声明を出したのは、漫画を連載したプチコミックが所属する小学館の第一コミック局の「編集者一同」だ。

   2024年2月8日に同誌のサイト上で出た声明では、「作家の皆様 読者の皆様 関係者の皆様へ」と題して、「深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」とまず切り出した。漫画家の著作者人格権は守られるべきで、声を上げることに勇気がいる状況であってはならないと訴えた。芦原さんの意向は伝えており、ドラマにも反映されたが、交渉を是正できないか組織として検証していくなどと約束した。

   この声明に対し、小学館で仕事をしている漫画家の山田こももさんが同日、「小学館として発表が無いので、現場の編集さん達が声を上げたらしい」と報告した。同社は、社員への説明会でこの問題について今後発表しないと伝えたとメディアで報じられていた。 山田さんは、「結構早い段階で、作家には内内にこういう事をしますのでって連絡あった」と社内の様子を伝え、編集者が独自の声を上げる準備をしていたと報告した(なお、山田さんの投稿は、9日夕になって削除された)。

   小学館も同じ8日、「芦原妃名子先生のご逝去に際して」と題して、プレスリリースを公式サイトで出し、「芦原先生のご要望を担当グループがドラマ制作サイドに、誠実、忠実に伝え、制作されました」などと説明して、「編集者一同」の声明を引用している。社内でどのような調整が行われたのかは不明だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中