2024年 4月 15日 (月)

再び紅白の大舞台にも... 個性豊かな新世代メンバーが描く「SKE48」の未来像【インタビュー】

   SKE48は2023年10月に15周年の節目を迎え、グループとしてもメンバー個人としても、さまざまな方向性を模索している。グループとしては大規模会場でのコンサート開催や地上波での全国放送出演を目指す声があがる一方で、個人の活動としては、ラジオ番組やモデル、美術展の出展、大学生とアイドルとの「二足のわらじ」など、活躍の幅は広い。

   たとえば新曲「愛のホログラム」(2024年2月28日発売)でセンターポジションを「続投」している末永桜花さん(22)は、48グループ屈指の「鉄道オタク」としても知られ、鉄道関連のメディア露出も多い。インタビューの後半では、末永さん、北川愛乃さん(23)、野村実代さん(21)、原優寧さん(22)4人に、今後の展望や目標について聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • J-CASTニュースのインタビューに応じるSKE48のメンバー。左から北川愛乃さん、野村実代さん、末永桜花さん、原優寧さん
    J-CASTニュースのインタビューに応じるSKE48のメンバー。左から北川愛乃さん、野村実代さん、末永桜花さん、原優寧さん
  • グループは2023年12月に15周年の節目を迎えた (c)2023 Zest, Inc.
    グループは2023年12月に15周年の節目を迎えた (c)2023 Zest, Inc.
  • 15周年記念コンサートでは12期生11人が加入した (c)2023 Zest, Inc.
    15周年記念コンサートでは12期生11人が加入した (c)2023 Zest, Inc.
  • J-CASTニュースのインタビューに応じるSKE48のメンバー。左から北川愛乃さん、野村実代さん、末永桜花さん、原優寧さん
  • グループは2023年12月に15周年の節目を迎えた (c)2023 Zest, Inc.
  • 15周年記念コンサートでは12期生11人が加入した (c)2023 Zest, Inc.

移動やスキマ時間を活用してアイドルと大学生を両立

―― 末永さんは鉄オタとしても知られています。24年1月には、朝日新聞の記事で四日市あすなろう鉄道(三重県四日市市)のナローゲージ(編注:レールとレールの幅がJRなどの「狭軌」よりも狭い762ミリの線路。特殊狭軌)を紹介していました。最近で、特にお勧め鉄道はありますか。

末永: ナローゲージを実際に初めて見て、やはり特殊狭軌はなかなかお目にかかれないので、ちゃんと間近で見て...。レトロな音を聞けて楽しかったです。なかなか乗ってくる方が少ないと聞いたので、もっと多くの方が乗ってくれたら嬉しいですし、私もそのお手伝いができたらと思いました。

―― 意識的に「乗り鉄」しないと乗り逃したり、気が付いたら廃止になったりすることもありますからね。

末永: そうなんです、だから鉄オタの方は見に行ってほしいです。

―― MV撮影で「緊張した」エピソードに関連して、もうひとつうかがいたいです。この中では原さんが大学生だと思いますが、大学入試のときは緊張しましたか。今日(1月13日)ちょうど大学共通テストが始まり、新曲が出る頃は国公立大の2次試験のシーズンです。受験の時に心がけたことや、どうやってアイドルと大学生を両立しているかについて聞かせてください。

: (共通テストの前身の)センター試験は、本当にギリギリまで勉強しました。それこそ地理では、ギリギリで見ていた地図のページがちょうど出て、運よく点数取れた、ということもありました。本当に最後まで諦めずに頑張ることが大事だと、受験勉強では思いました。アイドルとの両立では、そうですね...、建築を学んでいるのですが、めちゃくちゃ大変です。でも、この仕事は待ち時間も結構多かったりするので、そこでいかに課題を進めるか。そういうスキマ時間をうまく利用して...ということが多いですね。

―― 九州の大学に通っていると聞きました。移動時間をどう活用するかもカギになりそうですね。

: 九州と名古屋なので、もう通学というレベルではない時間をかけて通学しています。その時間に課題をしたり、レッスン後の移動であればレッスンの振りV(振り付けを収めた動画)を見て復習したり...といった具合に活用しています。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中