2024年 5月 27日 (月)

マイナポイント事業予算「7334億円」使われず 予算の35%に相当

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   マイナンバーカード普及策の一つとして実施した「マイナポイント事業」に関して、2020年に開始後の関連予算全体のうち、約35%にあたる7334億円が使用されなかった。総務省が、2024年5月13日の衆議院決算行政監視委員会の第一分科会で明らかにした。

  • マイナンバーカードと保険証
    マイナンバーカードと保険証
  • マイナンバーカードと保険証

関連予算は総額2兆1113億円

   総務省幹部の答弁では、関連予算は総額2兆1113億円の一方、実際に使われた事務費用を含めて1兆3779億円だったとのこと。理由としては公金受け取りサービスやマイナ保険証への連携、キャッシュレス端末へのチャージなどを行わなかった人が多かったためとした。

   X上では「こんなくだらないことに湯水のごとく税金が使われる」「お金の無駄遣い」「普及率低迷のマイナカードなど即刻廃止にしろ」などの批判が上がっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中