「コーヒー飲むと長生き」は人類共通 多人種調査で判明、健康パワーが凄すぎ

印刷

   コーヒーには多くの健康効果が知られているが、欧米で飲む文化が発達したこともあり、これまで白人を対象にした研究が中心だった。

   多民族・多人種でもコーヒーをよく飲むと長生きできるという、2つの研究が米内科学会機関誌「Annals of Internal Medicine(AIM)」(電子版)の2017年8月15日号に同時に発表された。

  • コーヒーの健康効果は人類共通だった
    コーヒーの健康効果は人類共通だった

心臓病、がん、うつ、自殺、美肌...何でもアリですか?

   コーヒーの研究効果は、ここ数年発表された内容だけでも次のようにスゴイことになっている。

(1)コーヒーを毎日3~4杯飲むと、飲まない人に比べ、心臓病で死ぬリスクが36%減、脳内出血・脳梗塞など脳血管病で43%減、肺炎など呼吸器病で40%減(2015年:東京大学と国立がん研究センター)。
(2)コーヒーを毎日2杯飲むと、肝硬変になるリスクが43%減、3杯では57%減、4杯だと65%減(2016年:英サウサンプトン大学)。
(3)コーヒーを毎日4~6杯飲むと、子宮体がんになるリスクが25%減、前立腺がんになるリスクが18%減(2012年:米ハーバード大学)。
(4)1日3~4杯のコーヒーを飲むと、飲まない人に比べ、糖尿病のリスクが男性で27%減、女性で29%減(2014年:フィンランド国立公衆衛生研究所)。
(5)1日4杯以上コーヒーを飲むと、うつ病になるリスクが約10%減(2015年:米国立衛生研究所)。1日2~4杯のコーヒーを飲むと、成人の自殺リスクが約50%減(2015年:米ハーバード大学)。

   このほか、パーキンソン病、痛風などに改善、またシミが減る美肌効果の研究まで発表されている。ただ、こうした研究は、(1)の東京大学と国立がん研究センターの研究(日本人約9万人が対象)を除くと、欧米の白人を対象にしたものがほとんどだった。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中