世界初の発見!猫に「イクメン」がいた! 子猫を他のオスから守る父親の戦いに感動

印刷

【ダーウィンが来た! 2週連続猫大特集】(NHK)11月12日・19日放送
荒ぶるオス猫の真実 子猫との関係で世界的な大発見

   飼い猫には最大の疑問がある。突然の失踪だ。若いオスが家出し、そのままいなくなるか、傷だらけの姿で帰ってくる。いったい、どこで何をしているのだろうか。番組では「猫の島」で有名な福岡県の相島(あいのしま)で1匹の若オス「コムギ」に2年間密着した。

   すると、旅に出るオスの宿命の向こうに、猫の常識を覆す驚きの大発見が待っていた。オス猫は子育てをしないはずなのに、コムギは自分の子を守るため、ほかのオスと死闘を繰り広げていた。これは2週連続の感動の「イクメン」猫の物語である。

  • オス猫は旅に出るのが宿命だ
    オス猫は旅に出るのが宿命だ

「子殺し」をするオスに、「協同保育」で対抗するメス

   相島には100匹以上の野良猫が人とともに暮らしている。主人公は茶トラ模様の若オス「コムギ」。2歳を目前としたコムギは、母親のミュウや姉妹と暮らしていた故郷の船着き場を離れ、旅に出た。近親交配を避けるために、思春期になると、メスは残るが、オスは遠くに居場所を求め放浪する。

   前編は旅に生き、戦いに破れ続けるコムギの切ない物語が続く。年上のメスたちから言い寄られるコムギ。熟女猫にとって新参者の若者は大歓迎。「新しい血」を入れた方が強い子を生めるからだ。「モテ期」到来のコムギ。しかし、強いオスから順番にメスに近づいていくのが恋のルール。コムギは他のオスたちから激しく攻撃され、傷だらけに。あまりの恐怖に、しばらく下水管の中を移動し、食事もままならない日々が続いた。若いオスはこうした修行を経て、自分の居場所を確立していくのだ。

   番組では、オスの残酷な行為を映し出した。「子殺し」だ。物置の中の段ボール箱の中に生まれたばかりの子猫が数匹。母猫の留守中、1匹のオスが近づき、段ボールの中に首を突っ込んだ。悲鳴が聞こえ、後にかみ殺された子猫たちの姿が。子育て中のメス猫はオスを受け付けない。しかし、子どもを失うと発情し、オスを受け入れる。オスはメスに自分の子どもを生ませ、自分の子孫を残すために、ほかのオスの子どもを殺す。

   このため、メスたちは協同で保育をする。同じ物置の中で複数のメスが子を産み、お互いの子に乳を与え合う。そして、協力して近づくオスを威嚇し、追い払う。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中