2021年 4月 21日 (水)

苦手な上司とつきあうコツ 「4タイプ」に分けて攻略せよ!

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「敵か味方か」に分類するのが好きな「政治家タイプ」

「景気が悪化すると、これまで腫れ物に触るように接してきた上司が逆襲に転じる可能性がある」と言う高城幸司社長
「景気が悪化すると、これまで腫れ物に触るように接してきた上司が逆襲に転じる可能性がある」と言う高城幸司社長
「上司にはそれぞれカラーがあって、人によって目指すところが違います。その価値観の違いをうまくおさえて、それぞれの上司にあわせた対応をしていくのが、上司攻略のコツなのです」

   たとえば、上昇志向もチームワーク志向も高い「政治家タイプ」の上司は、自分が出世することを第一に考えているが、自分ひとりでは戦いに勝てないことを知っているため、集団で動こうとする。そのため、部下に対しても自分の管理下で働くことを求める傾向が強い。

   このタイプの上司は、常に自分を中心にして人間関係を「敵か味方か」に分類しているのが特徴だ。したがって、部下としてつきあうときの最重要ポイントは、「私はあなたの味方です」と最初にきちんとアピールすることだという。

「この手のタイプの上司は上昇志向が強いので、ダイナミックな仕事をまかせてくれるというプラス面があります。一方で嫉妬心が強く、部下に手柄を取られると怒るというマイナス面もあるので注意が必要です」

と高城社長はポイントを指摘する。高城社長自身は独立心旺盛な起業家タイプなので、本来は政治家タイプの上司とはうまくいかないそうだが、サラリーマン時代は上司の特徴をおさえて、うまくつきあっていたそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
できる人は上司に“モテ”る 仕事は上司との関係が9割!
できる人は上司に“モテ”る 仕事は上司との関係が9割!高城 幸司

おすすめ平均
starsビジネスパーソンが会社で成功する秘訣が満載の本!!
starsこの時期にビッタリ
stars今だからいい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中