2021年 4月 21日 (水)

苦手な上司とつきあうコツ 「4タイプ」に分けて攻略せよ!

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

不況下では「上司との付き合い方」の重要性が高まる

   一方、「政治家タイプ」とは真逆なのが、上昇志向もチームワーク志向も低い「職人・教師タイプ」の上司だ。

   出世競争には参加しないで、コツコツと規則正しく仕事をすることを信条としているタイプ。会社から与えられた役割を忠実にこなすことを自分の使命としている。そのため、チームを大事にすることよりも、会社組織との約束事を守るほうが優先順位が高い。

「面白みがない人物ともいえますが、実はこのタイプの上司が世の中には一番多い。政治家タイプよりもはるかに多いといえますね」

と高城社長は言う。それだけに、この「職人・教師タイプ」とどう付き合うかがサラリーマンにとっては死活問題といえるが、ポイントは「その上司が何を大事にしているかを理解すること」だという。

   たとえば、経理部で書類の日付に細かい上司がいれば、日付だけはちゃんと入れるように注意する。このタイプの上司は自分が大事にしているルールさえ守ることができればそれでよくて、他のことには関心がないことが多い。したがって「上司が大事にしているルール」さえ気をつけていればあとはラク、というパターンが多いのだ。

   このように上司をタイプ分けして、合理的に上司とつきあっていくことを高城社長はすすめている。特に景気悪化で安易な転職が難しくなると予想されるこれからは、「今の職場で上司とうまくやっていくスキルがより重要になる」と説く。

「職場の中で自分がやりたいことを見つけるための最大のキーパーソンは上司です。上司という“ツール”をうまく使って、自分が活躍できるフィールドを広げていけるかどうかが“勝ち組”に入るための大きなポイントとなるでしょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
できる人は上司に“モテ”る 仕事は上司との関係が9割!
できる人は上司に“モテ”る 仕事は上司との関係が9割!高城 幸司

おすすめ平均
starsビジネスパーソンが会社で成功する秘訣が満載の本!!
starsこの時期にビッタリ
stars今だからいい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中